MENU
憲法改悪阻止を訴える新しいアピール& 呼びかけ人
宣伝・学習資料
リンク
会則
動画(youtubeList)
2014/3/30 生駒市民集会

*2005-2009

*2009-2015/4

*2015/4-2017

*2018-2019

*創立十一周年記念
*創立十周年記念
*創立五周年記念
*創立三周年記念
*創立二周年記念
*創立一周年記念
*発足総会
E-mail

◆事務局住所 

〒630-0246 
生駒市西松ケ丘25-98(長尾方)

◆℡/fax 

発行責任者  
池田順作  0743-76-8788  
 
 ≪最新更新日  2020/1/23 ≫

 


「憲法九条の会・生駒」お知らせ 2020年1月21日号(部内資料)


・・・(憲法9条に係わる最近の動きから)・・・


  新しい「改憲発議反対の全国緊急署名」にすぐ取り組もう!


 安倍首相は臨時国会終了後の記者会見(12月9日)で「必ずや私の手で(改憲を)成し遂げていきたい」と語り、自らの自民党総裁任期の2021年9月までに実現する決意を語りました。

 安倍首相がめざす改憲スケジュールからみて、安倍改憲をめぐるたたかいは2020年の通常国会、臨時国会、2021年の通常国会の間に「改憲発議」と「国民投票」を許すかどうかの正念場になりました。

 この「新しい段階」に入った安倍改憲策動に際し、従来取り組んできた3000万署名にかえて、あらためて「改憲発議阻止」の一点に焦点を合わせた全国緊急署名運動への取り組みが呼びかけられています。前回署名していただいた方々にも、もう一度新しい署名のお願いをしてください。(↓の署名用紙)

 

 改憲をめざす安倍首相は当面、国会発議に全力をかけてくるでしょう。「発議阻止」・・・これこそが当面する「緊急の課題」です。国会が「発議」をしてしまうと、その後「発議反対」の署名を集める意味がなくなります。「発議」とは、衆参両院が3分の2以上の賛成で改憲案を可決することです。つまり「発議=国会通過」です。その後、国民投票になります。

従って、「発議」までにこの署名を集めて国会へ提出しなければなりません。ということは、ゆっくり署名集めをするのではなく、急いで集めることです。安倍政権の動向からして、彼らもかなり焦っているので、今年中に発議まで突き進む可能性がある。そのことを念頭において、早く取りかかり、早く集めましょう。

◎みなさんの、「憲法九条の会・生駒」への賛同募金をお待ちしております。       
「郵便振替口座 00930-9-278631 憲法九条の会・生駒」へお願いします。



・・・・・・こ れ か ら の 予 定・・・・・・


2月3(月) 2つの署名(11~12時 生駒駅)スタンデイングも
   憲法生駒共同センター運営委員会(12:30~2:30セイセイビル204)

2月9(日) 2つの署名(11~12時 生駒駅)

2月13(木) NHK裁判(元NHKデイレクターや大学教授の証人尋問、奈良地裁で10:15~16:30

 

2月19(水) 2つの署名(午後2~5時 生駒駅) 3時間ロングラン

2月23(日) 憲法9条の会生駒創立15周年記念集会(午後1:30~4:00セイセイビル文化ホール)

2月27(木) NHK裁判(宮内正厳氏ら5人の原告本人尋問、奈良地裁で10:30~12:00)

 

3月3(火) 2つの署名(11~12時 生駒駅)スタンデイングも

3月8(日) 原発ゼロ奈良の集い(11時半~ JR奈良駅前)

3月9(月) 2つの署名(11~12時 生駒駅)

3月19(木) 2つの署名(午後2~5時 生駒駅) 3時間ロングラン




     第184回 「憲法九条の会・生駒」運営委員会
       2020年1月21日(火) 午後3:00~5:00  ゆうほ~
 当会は運営委員を決めていません。当日参加された会員(1日運営委員)で構成しています。
        お時間が許せばご参加賜りたく、ご案内申し上げます。
 

●「憲法9条の会・生駒」創立15周年記念集会を2月23日に開催します。

 
みなさん、どうか万障繰り合わせて、多数ご参加ください。

講演される国際ジャーナリスト伊藤千尋さんの記事です。(民医連月刊誌「いつでも元気2019,12」号より転載)

 
MIN-IRENトピックスより⇒https://www.min-iren.gr.jp/?p=39067

 



「憲法九条の会・生駒」お知らせ 2019年12月4日号(部内資料)


・・・(憲法9条に係わる最近の動きから)・・・


2月23日の「憲法9条の会・生駒」創立15周年記念集会へ向けて

12月19日、安倍9条改憲阻止「第4回意見交流会」に参加を


「憲法9条の会・生駒」は2004年12月に図書会館で創立集会を開き、すでに15年が経ちました。
中曽根康弘元首相は生前、「戦後政治の総決算と自主憲法の制定」を繰り返し主張しましたが、自民党右派勢力は飽くことなく改憲の道を追求し、今の安倍政権がそれを引き継いで、いよいよ今年から来年へかけて、その実現へ進もうとしています。
  今年7月の参院選で、自民・公明・維新の改憲勢力は全体として議席数を減らし、全体の3分の2を割り込みましたが、この9月の内閣改造で「改憲強力布陣」をひいて、あくまで改憲への執念を見せています。10月以降、和歌山市やさいたま市など、各地で改憲集会を開き、弁士を派遣して、改憲世論の高揚を狙っています。
 また今の臨時国会の衆参代表質問や予算委員会審議で、自民はあえて改憲問題を出し、首相は持論を展開し、改憲への執念を語らせています。取り上げたのは、二階、岸田、鈴木、下村、林、世耕氏ら。
 2大臣辞任で国会空転したため、かねてから予定していた10月31日の憲法審査会は流れました。しかし、11月7日、11月14日、11月28日と、立て続けに開かれ、各党が意見交換しました。28日には、自民筆頭理事の新藤義孝氏は、「(改憲のための)国民投票法改正案の審議を急ぎ、憲法審査会としての結論を出すのは国会の責任だ」として採決を求めましたが、野党理事は、テレビなどの改憲CMに関する規制(無制限になれば、資金力ある改憲側が世論誘導に有利となる、これを規制すべき)も法案に入れよ、と主張、性急な採決に反対、結局今国会は時間切れで、審議は来年に持ち越されました。
 中央の「九条の会」は10月10日に声明を発表、安倍政権の危険な動きを告発しています。生駒では12月19日の、安倍9条改憲阻止「第4回意見交流会」に多数参加しましょう。

 


●「憲法9条の会・生駒」が、創立15周年記念集会予定
 大江健三郎氏ら著名な9人が呼びかけて2004年7月に「9条の会」が結成され、全国に改憲の危機を訴え、全国各地に「9条の会」結成を呼び掛けられ、それを受けて、「憲法9条の会・生駒」は2004年12月に生駒市図書会館に300人の参加で結成されました。その後全国には9条の会7000団体が生まれました。
 いま、国会で憲法審査会が開かれて審議に入ろうとし、来年には改憲発議・国民投票か、と懸念されるいま、「憲法9条の会・生駒創立15周年記念集会」が、2020年2月23日午後に生駒市コミュニテイセンターで開催されます。シャンソン歌手夏原幸子さんの歌、ジャーナリスト伊藤千尋さんの講演があります。情勢の動き、今後の活動方向など、多くの示唆が期待されます。多数のみなさんのご参加をお待ちしています。

 
●「全国首長9条の会」結成、武村元滋賀県知事、稲嶺前名護市長ら130人超
 11月17日、全国の現職・元職の自治体首長らによる「全国首長九条の会」が結成されました。 自民党は、日本会議と協力して改憲世論喚起へ全国各地で改憲集会を開始し「草の根」対決が強まるもと、全国の地方・地域の首長が「9条を守れ」で力を合わせる画期的な動きです。


 「会」結成に対し、武村正義元滋賀県知事、稲嶺進前沖縄県名護市長、平岡敬元広島市長、小池清彦前新潟県加茂市長(元防衛研究所長)、川井貞一元宮城県白石市長(東北6県市町村長九条の会連合・共同代表)、松下玲子武蔵野市長(現職)、中川智子宝塚市長(同)ら130人を超える首長、経験者が賛同、呼びかけ人に名を連ねています。
 「全国首長九条の会」は、「平和国家日本を後世に引き継いでいくために、所属や立場、信条の違いを超え、『憲法9条擁護』の一点で手を携えてまいりたい」と呼びかけています。

●馬毛島 買収160億円 米軍離着陸訓練基地に
 米空母艦載機離着陸訓練(FCLP)の移転候補地とされている馬毛島(まげしま)(鹿児島県西之表市)について、政府が約160億円で用地買収することで地権者と合意したことが分かりました。防衛省は取得手続き終了後、滑走路など整備に着手する方針。
 防衛省は、同島の大半を所有する開発会社「タストン・エアポート」(東京都)と売買交渉を進めてきました。今年5月に同社が交渉打ち切りを通告。価格交渉が長引く中、当初鑑定額45億円の3倍超となる金額で妥結しました。
 日米両政府は、2006年の米軍再編ロードマップで厚木基地(神奈川県)所属の米空母艦載機部隊の岩国基地(山口県)への移転に合意。11年の日米安全保障協議委員会(2プラス2)で馬毛島をFCLPの候補地とすることが合意されました。合意文書では「南西地域における防衛態勢の充実の観点」から、「(自衛隊の)訓練等のために使用され、併せて米軍の空母艦載機離発着訓練の恒久的な施設として使用される」としており、米軍に加えて、自衛隊機の訓練も激化する危険があります。
 馬毛島は多くの住民がいる種子島から約12キロしか離れておらず、地元では懸念の声が相次いでいます。

主権者は地元了解してない
「馬毛島の米軍施設に反対する住民の会」の清水捷治副会長の話 防衛省は、当初鑑定額の3倍超の買収について、財政民主主義の観点からどう説明するのか。滑走路建設に伴うタストン社の違法開発の疑いもあります。主権者である地元が了解しない限り指一本ふれさせません。オール市民の運動にしていきます。

◎みなさんの、「憲法九条の会・生駒」への賛同募金をお待ちしております。       
「郵便振替口座 00930-9-278631 憲法九条の会・生駒」へお願いします。



・・・・・・こ れ か ら の 予 定・・・・・・


12月7(土) JR奈良駅東口広場で憲法集会(14~15時半 署名・集会・パレード) 奈良市民連合

12月9(月) 2つの署名(11~12時 生駒駅)

12月14(土) 教科書奈良ネット21第7回総会(1:30~教育会館、講演山口隆元日教組委員長;道徳教育)

12月15(日) 防衛大学いじめ裁判報告会(2:00~4:30 教育会館、原告と母・弁護団報告;一審敗訴)平和委

12月19(木) 2つの署名(午後2~3時 生駒駅) あと、セイセイビルで憲法問題学習・意見交流会

 

1月9(木)  2つの署名(1:30~2:30 生駒駅) あと、「9条の会・生駒」運営委員会(下記)

1月19(日) 2つの署名(午後2~5時 生駒駅) 3時間ロングラン

2月23日(日) 憲法9条の会生駒創立15周年記念集会(午後1:30~4:00セイセイビル文化ホール)

 


     第183回 「憲法九条の会・生駒」運営委員会
       2020年1月9日(木) 午後3:00~5:00  ゆうほ~
 当会は運営委員を決めていません。当日参加された会員(1日運営委員)で構成しています。
        お時間が許せばご参加賜りたく、ご案内申し上げます。
 




「憲法九条の会・鹿ノ台校区ニュース」 2019年11月8日号(部内資料)


 



「憲法九条の会・生駒」お知らせ 2019年11月11日号(部内資料)


・・・(憲法9条に係わる最近の動きから)・・・


安倍改造人事、改憲へ向けて強力布陣


 10月18日、自民党が和歌山で改憲集会開き、二階幹事長、下村前改憲推進本部長、世耕参院幹事長、石田前総務大臣、鶴保元沖縄北方大臣らが次々とあいさつ、全党一丸の改憲姿勢をアピール、安倍首相のビデオメッセージも紹介。 28日はさいたま市でも改憲集会を開き、岸田政調会長らも講演。
 安倍首相は、野党懐柔の「協調派」を要職に配置、日本会議国会議員懇談会会長の古屋衆院議員を党改憲推進本部長代理に起用、さらに「改憲推進・組織委員会」を新設し、古屋氏が同委員長を兼任。
 また今の臨時国会の衆参代表質問や予算委員会審議で、自民はあえて改憲問題を出し、首相は持論を展開し、改憲への執念を語らせている。取り上げたのは、二階、岸田、鈴木、下村、林、世耕ら。
 2大臣辞任で国会空転したため、かねてから予定していた10月31日の憲法審査会は流れた。しかし、11月7日には開かれ、9月の欧州4ヵ国憲法視察団の報告を受け、ドイツが戦後63回も改定をしたことなどが報告され、各党が意見発表した。


●「九条の会」は10月10日に声明を発表、安倍政権の危険な動きを告発
「9条の会」は、草の根からの運動をさらに広げよう、と呼びかけています。11月3日、おおさか総がかり行動実行委員会は2万人集会を、26日はオール埼玉総行動が1万人規模の大行動を、11月3日は国会議事堂前で総がかり行動実行委員会などが大集会、同日は岐阜市、神戸市、広島市、福岡市、盛岡市、2日は京都市、4日は仙台市や奈良市で。
 10月19日の全国革新懇交流会で、憲法学者小林節氏は「9条改憲は突然やってくる、と見ている。北朝鮮・中国を理由にしてあおり、国防意識をもって自衛隊をバックアップしないと国は守れない、というキャンペーンを若者中心に広げている。」「安倍は国民投票で『行ける』と踏んだら、アッというまに突貫工事で改憲発議をやってくる。」と警戒。

●「あいちトリエンナーレ」問題で、慰安婦の歴史を否定する
首長たちの発言に「黙っておれない」と怒り、急遽韓国から来日

   あいちトリエンナーレで平和の少女像の展示が相次ぐ脅迫で中止に追い込まれ、慰安婦の歴史を否定する首長らの発言を聞いて、元慰安婦李(イ)玉(オク)善(ソン)さん(写真・92歳)が急遽来日、10月5日神奈川県川崎市内で証言、「1942年朝鮮半島南部で2人組の男にトラックに押し込められ、中国の慰安所に連行され、1日に40~50人の相手をさせられ、拒否すれば軍人に刀で刺殺された人もいた。他の慰安婦への見せしめだ。慰安所とは名ばかりで自分らには死刑場だった。」「慰安婦ではなく、性奴隷被害者というべきだ。」「安倍に(抗議しに)会いたい一心で来た」「日本政府が強制連行を否定するのは耐えられない」「日本政府はきちんと反省し、公的な謝罪と賠償をしてほしい」と訴えた。・・・・・・・神奈川新聞10月6日付


●驚くべき規律の乱れとたるみ!米軍戦闘機の墜落事故、さらに戦闘機操縦中に スマホで自撮り、読書まで!! 


戦闘機を飛行中、読書にいそしむ米軍パイロット(米軍報告書から)


 米海兵隊の11月2日発表によると、岩国空軍基地所属の米軍パイロットが、飛行訓練中に「手放し操縦」「読書」「スマホで自撮り」までしていたこと、また2018年12月に米軍戦闘機と給油機が、高知県沖で夜間空中給油中に接触して墜落し、6人が死亡した事故、さらに2016年4月には沖縄本島沖で夜間空中給油中に接触事故をおこし、嘉手納基地に緊急着陸しながら、それらの事実を隠蔽し、日本政府に報告していなかったこと、などが11月7日の参院外交防衛委員会で暴露されました。11月6日には、青森県の米軍三沢基地で、米軍戦闘機が六ケ所村の民有地に模擬弾が投下されたが、周辺には小学校や中学校がある。この件について、米軍から日本政府や知事への報告・連絡は極めて遅かった。日米地位協定にある「事件・事故」は「速やかに通報」という規定に違反しています。外相は米軍に申し入れるとしていますが、米軍及び米軍兵士の規律の乱れは、想像を絶するものです。

 
●自衛隊ブルーインパルス飛行と、自衛隊への適齢者名簿提出の件
 2016年11月の平城京天平祭での、航空自衛隊のブルーインパルス(展示編隊)飛行は、航空法違反として昨年3月に133名の市民連名で刑事告発しましたが、今年9月12日不起訴処分にされました。検察審査会に不服申し立てを行っています。
また、生駒市を含む県下12の市町村が、隊員募集を目的とした自衛隊への住民基本台帳の提出を行っていることが判明、平和委員会はこれをやめるよう申し入れています。
今年2月の自民党大会で安倍首相が、自衛隊への名簿提供に全国6割の自治体が非協力だと非難し、この状況を変えるために憲法9条に自衛隊を明記する、とさえ言いました。これが圧力となって名簿提出が増えています。


●「憲法9条の会・生駒」が、創立15周年記念集会予定
 大江健三郎氏ら著名な9人が呼びかけて2004年7月に「9条の会」が結成され、全国に改憲の危機を訴え、全国各地に「9条の会」結成を呼び掛けられ、それを受けて、「憲法9条の会・生駒」は2004年12月に生駒市図書会館に300人の参加で結成されました。その後全国には9条の会7000団体が生まれました。
 いま、国会で憲法審査会が開かれて審議に入ろうとし、来年には改憲発議・国民投票か、と懸念されるいま、「憲法9条の会・生駒創立15周年記念集会」が、2020年2月23日午後に生駒市コミュニテイセンターで開催されることが決まりました。シャンソン歌手夏原幸子さんの歌、ジャーナリスト伊藤千尋さんの講演があります。情勢の動き、今後の活動方向など、多くの示唆が期待されます。多数のみなさんのご参加をお待ちしています。

◎みなさんの、「憲法九条の会・生駒」への賛同募金をお待ちしております。       
「郵便振替口座 00930-9-278631 憲法九条の会・生駒」へお願いします。



・・・・・・こ れ か ら の 予 定・・・・・・


11月19(火) 2つの署名(午後2~4時 生駒駅)  2時間ロングラン(あと運営委員会、下記)   

12月3(火) 2つの署名(11~12時 生駒駅)スタンデイングと署名   

12月3(火) コスタリカ青年弁護士講演と映画上映(13:30~15:30 文化会館小ホール)米イラク侵攻を支持した自国大統領を憲法違反と学生時代に提訴、勝訴し、大統領の米支持を撤回させた本人の講演   

12月7(土) JR奈良駅東口広場で憲法集会(14~15時半 署名・集会・パレード) 奈良市民連合   

12月9(月) 2つの署名(11~12時 生駒駅)   

12月19(木) 2つの署名(午後2~4時 生駒駅)  2時間ロングラン   

2020年2月23日(日) 憲法9条の会生駒創立15周年記念集会(午後1:30~4:00セイセイビル文化ホール)   



     第182回 「憲法九条の会・生駒」運営委員会
       2019年11月19日(火) 午後4:00~5:00  ゆうほ~
 当会は運営委員を決めていません。当日参加された会員(1日運営委員)で構成しています。
        お時間が許せばご参加賜りたく、ご案内申し上げます。
 




「憲法九条の会・生駒」お知らせ 2019年10月7日号(部内資料)


・・・(憲法9条に係わる最近の動きから)・・・



安倍改造内閣19人中、18人が「靖国」派右翼団体議連に所属

 9月11日に発足した第4次安倍再改造内閣の、自民党籍の閣僚19人のうち18人が、「靖国」派改憲・右翼団体と一体の議員連盟に加盟しています(表参照)。

   唯一未加盟の小泉進次郎環境相も、毎年終戦記念日に靖国神社へ参拝しています。裏ページの表の「日本会議国会議員懇談会」と「神道政治連盟国会議員懇談会」はそれぞれ、改憲・右翼団体の「日本会議」、「神道政治連盟」と一心同体の議員連盟です。
 両団体とも、日本の過去の侵略戦争と植民地支配を、「自存自衛・アジア解放」の正義の戦争として肯定・美化する靖国神社と同じ立場から、「憲法改正」・天皇や首相の靖国公式参拝・愛国心教育の強化、などを主張するいっぽう、「ジェンダーフリー」や夫婦別姓には反対しています。
 また、安倍首相は自民党憲法改正推進本部長に細田博之前本部長を復帰させる一方、衆院憲法審査会会長に佐藤勉元国対委員長をあてる方針で、彼は4年前の戦争法強行採決で自民党を指揮した張本人であり、まさに「官邸直結」の人物です。これからの憲法審査会でも強行突破を図る危険性があります。


●止まらない地球温暖化の危機
 「グローバル気候マーチ」の呼びかけで、9月20~27日の1週間、全世界で、185か国、6100か所以上、700万人以上が行動しました。地球環境の危機を訴えるスウェーデンのグレタさん(16歳)は、国連の「気候行動サミット」はまたもや空虚な言葉の洪水のみで、世界の人々を失望させた、と訴えています。この問題に背を向けるトランプ政権と安倍政権の惨めさ、小泉環境相の空虚さ・・・。若者は自分たちの未来の生存に危機感を持っています。現在は77か国が2050年の二酸化炭素排出ゼロ宣言を出している。まだ、77か国! グレタさんは、世界の首脳らが真剣に聞くまで私たちは運動を続ける、と宣言しています。


●安倍改造人事、改憲へ向けて強力布陣

 臨時国会は10月4日(金)に始まり、論戦開始されましたが、 この臨時国会では、憲法改悪に係わる国民投票法改定が強行される危険性があります。
 安倍首相は、「自民党長年の悲願である憲法改正を、党一丸となって強力に進めていきたい」と、閣僚と党役員にハッパをかけています。
 自民党関係者は「思う存分、自分のやりたいことをやれる体制。おそらく安倍政治の総決算を目指すもの」「最後に、一緒に憲法改正をやろうという、オールスター体制だ」と、 今回の人事を評価しています。
 私たちの改憲阻止の闘いはいよいよ正念場です。


●2019年防衛白書を発表—宇宙まで軍拡

 同盟国に責任分担の拡大を強く求めるトランプ政権に追随し、軍事力の一層の拡大を図る内容です。陸海空に加え、宇宙・サイバー・電磁波という新たな戦闘領域を加えた多次元統合防衛力、領域横断作戦能力を獲得する、として大軍拡路線を打ち出しています。
 「優勢な敵の戦力」として念頭にあり、また名指ししているのが中国で、宇宙監視体制の構築、サイバー防衛隊の拡充、相手のレーダーや通信を無力化するための能力を強化する、とし、地上の都市機能を破壊する電磁パルス兵器など、の導入に向けた研究開発を迅速に進めるとしています。
 来年度概算要求は、軍事費5.3兆円超え、史上最大。


●暮しの手帖社「戦争が立っていたー戦中・戦後の暮しの記録」に掲載
     ******* 鹿ノ台の上坂さんの手記

(投稿) 2年前の秋、暮しの手帖社が戦中・戦後の手記を募集されていました。私は、95歳(当時)の父に戦争の話を聞くことが多く、父の経験をぜひ記録として残しておきたいと願い、聞き書きをして応募しました。すると「おまえ、命びろいしたぞ」というタイトルで、小文が掲載されることになりました。
 現在、暮しの手帖社創刊70周年記念出版として本屋さんに並んでいます。戦争中「兵隊は1銭5厘(招集令状のこと)の価値」といわれるほど、命が軽く扱われていました。若者たちは、使命感とともに死ぬのはしかたないと、あきらめて兵隊となりました。未来を夢見ることができないなんて、胸がしめつけられます。どうか、そういう世の中が再び来ませんようにと、願ってやみません。(鹿ノ台  上坂和美)



◎みなさんの、「憲法九条の会・生駒」への賛同募金をお待ちしております。       
「郵便振替口座 00930-9-278631 憲法九条の会・生駒」へお願いします。



・・・・・・こ れ か ら の 予 定・・・・・・


10月9(水) 2つの署名(11~12時 生駒駅)   憲法生駒共同センター運営委員会(13時 ゆうほ~)

10月13(日) 鹿ノ台校区9条の会平和のつどい(13:30~ 鹿ノ台ふれあいホール  宮尾耕二弁護士)
     映画「ひろしま」上映(13:00~たけまる研修3)平和委員会。生駒自主学習グループ活動の一環。

10月19(土) 2つの署名(午後2~5時 生駒駅)、3時間ロングラン(うち3~4時は主として辺野古問題)

10月29(火) 谷山清さんを囲む会(午後2~4時 たけまるホール研修6)豊かな人生経験を縦横に語られます。

11月3(日) 2つの署名(11~12時 生駒駅)スタンデイングと署名

11月9(土) 2つの署名(11~12時 生駒駅)

11月19(火) 2つの署名(午後2~5時 生駒駅)3時間ロングラン

11月24(日)斎藤 清 Violin Concert 



12月3(火) コスタリカ青年弁護士講演と映画上映(13:30~15:30 文化会館小ホール)米イラク侵攻を支持した自国大統領を憲法違反と学生時代に提訴、勝訴し、大統領の米支持を撤回させた本人の講演。


2020年2月23日(日) 憲法9条の会生駒創立15周年記念集会(午後1:30~4:00セイセイビル文化ホール)



     第181回 「憲法九条の会・生駒」運営委員会
       2019年11月3日(火) 午前1:00~2:30  セイセイビル201号室
 当会は運営委員を決めていません。当日参加された会員(1日運営委員)で構成しています。
        お時間が許せばご参加賜りたく、ご案内申し上げます。
 




「憲法九条の会・生駒」お知らせ 2019年9月9日号(部内資料)


・・・(憲法9条に係わる最近の動きから)・・・



来年度軍事費、史上最高の5兆3千億円概算要求

 防衛省は2020年度軍事費の概算要求を決定しました。総額は5兆3223億円と過去最大になりました。しかも、沖縄関係経費や米軍関係経費は、金額を明示しない「事項要求」としています。これらは、今年度と同水準で計上されれば、5兆5千億円台になります。
 海上自衛隊のヘリコプター搭載型の護衛艦「いずも」を、戦闘機が発着できる空母にするため、甲板の耐熱強化工事を行う費用として31億円。米国製最新鋭ステルス戦闘機F35B(1機141億円。欠陥多くて米軍も使わない)を42機、F35Aは105機購入する予定で、合計147機体制は世界最大(その総額は2兆円以上、という爆買い)
 さらに、ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」導入の関連経費122億円を計上していますが、秋田県と山口県では配備反対の世論は高まり、7月の参院選1人区で秋田は配備反対を訴えた野党統一候補が勝利しました。
  これらは、従来日本の自衛隊は「専守防衛」と言っていたのを、完全に憲法違反の敵基地先制攻撃能力の保有・強化を本格的に進めるものです。空母となった「いずも」は米軍機の発着や給油も想定し、自衛隊・米軍が一体となって他国への爆撃を想定しています。(ステルス戦闘機はレーダーにかからないため、敵基地深く侵入できる)


●「あいちトリエンナーレ」問題は、日本の民主主義の脆弱さを示す

  「日本は検閲国家か!?」そんな怒りの声があがっています。あいちトリエンナーレは、2010年から3年ごとに開催されている国内最大級の国際芸術祭です。愛知県美術館で8月1日に開幕した芸術祭の企画展の1つ「表現の不自由展・その後」が、開会わずか3日で中止に追い込まれました。憲法21条の保障する「表現の自由」が侵害された、日本の民主主義の極めて深刻な事態です。
 日本軍「慰安婦」を題材にした少女像、昭和天皇の映像作品などの展示が公表されると、テロ予告や脅迫を含むFAXや電話が、実行委員会や愛知県庁に殺到し、県知事は展示を打ち切りました。  もともと「表現の不自由展」開催の趣旨は、慰安婦問題、天皇と戦争、植民地支配、憲法9条、政権批判など、近年公共の文化施設で「タブー」とされたテーマの作品が、いかにして排除されたか、その不許可の理由と共に展示したもので、「言論・表現の自由の重要性を訴える」はずだった、こういう展示まで脅迫で中止になるという事態は、「言論・出版・その他いっさいの表現の自由は保障する。そして検閲はしてはならない。」という憲法21条の重要性を、改めて認識し、強調しなければならない事態です。
 同展をめぐって、河村たかし名古屋市長は8月2日、少女像について「日本の国民の心を踏みにじるものだ」と、撤去を求める抗議文を大村知事へ送付、松井一郎大阪市長からも、この展示は問題だと指摘されたことを明らかにしました。また、菅官房長官も文化庁による芸術祭への補助金について、「事実関係を確認・精査して適切に対応したい」と、圧力ともとれる発言をしました。
  今回の事態に、日本ペンクラブや芸術団体が次々と抗議の声をあげています。表現の自由を守り、日本を「検閲国家」にしないために力をあわせましょう


●こじれる日韓関係、非難の応酬やめ、冷静な話し合いのテーブルに

  発端は、昨年10月の韓国大法院判決で、「戦争中徴用工として日本で強制労働させられた、として韓国人4人が新日鉄住金に損害賠償を求めた裁判で、新日鉄に賠償を命ずる判決」が出され、日本政府が「1965年の日韓請求権協定で解決済みなのに、この判決はとんでもないことだ」として、韓国に対する経済制裁に乗り出したことです。こういう場合、国家間の協定があっても、個人の請求権は消滅していない、というのが、これまで日韓両国政府及び両国の最高裁が認めてきたことです。
 実際、中国の強制連行被害者が西松建設を相手におこした裁判で、日本の最高裁は2009年に和解を成立させ、西松建設は謝罪し和解金が支払われました。政府は民間のこととして、一切口を挟みませんでした。
 日本政府は「1965年の日韓基本条約、請求権協定ですべて解決済み」を繰り返しますが、「徴用工」や「慰安婦」を含め、戦争中の植民地支配の不当性を一切認めず、むしろ「日本の朝鮮統治は朝鮮人に恩恵をもたらした。謝罪や反省の必要は全くない」と居直り、今なお韓国の人々の感情を傷つけています。日本の元国連大使・弁護士・大学教授ら78人は声明「韓国は敵な のか?」を7月25日に発表、日本は過去の侵略と植民地支配の不当性を認め、真摯な反省と謝罪を基礎に、冷静な話し合いを始めよ、と訴えています。


●8月9日、西教寺で全戦没者追悼法要・平和のつどい

  谷田町の西教寺で全戦没者追悼法要・平和のつどいが開催され、檀家のみなさんと共に、憲法9条の会生駒から約10名が参加しました。住職の藤本信隆さんは「安倍9条改憲No!3000万署名」の生駒在住呼びかけ人44名のうちの1人であり、また「念仏者9条の会奈良」の代表です。「核兵器廃絶署名」への協力も訴えられました。
  平和の鐘が9つ打たれたあと、「NPO法人・いこま国際交流協会顧問」の金潤哲さんが講演され、平和の大切さ、多文化共生への様々な取り組み、今こそ日韓交流の重要性など、ご自分の生い立ちも含め感動的なお話しをされました。
    なお「安倍9条改憲NO!3000万署名」の全国集計は、8月25日現在1780万筆に達しています。


●8月5日、臨時教育委員会で来年度教科書採択

 市役所会議室、傍聴は約15名。 傍聴人に配布されたもののうち
①  図書館での教科書展示会で、市民から出されたアンケートのコピー(11人分、原文のまま)
②  小学校の全教科・全科目の、発行されている全教科書名(60冊)と、その1つ1つに生駒市における評価・意見が書かれた膨大な資料で、30ページ以上。
 上記①②が傍聴人に配布されたのは初めてのことで、今年の前進面として評価できます。

 注目された2点は、①社会科で政権への忖度が目立つ「東京書籍」 ②道徳で文科省的価値観を押し付ける「教育出版」や「廣済堂あかつき」ですが、いずれも採択されませんでした。東京書籍6年用は「新聞記事を読もう」の中で、安倍首相の写真入りで「改憲議論を呼びかけ」の新聞記事を載せています。
 なお、中学校教科書は、全科目今年度現行使用のものを継続して採用となりました。問題の多い「育鵬社」や「教育出版」は採用されませんでした。


◎みなさんの、「憲法九条の会・生駒」への賛同募金をお待ちしております。       
「郵便振替口座 00930-9-278631 憲法九条の会・生駒」へお願いします。



・・・・・・こ れ か ら の 予 定・・・・・・


9月3(火) 2つの署名(11~12時 生駒駅)スタンデイングと署名

9月6(金) 映画上映「華氏119」(10:30、14:30、18:00郡山城ホール)
      トランプのからくりを暴露、マイケルムーア監督

9月9(月) 2つの署名(11~12時 生駒駅)


9月19(木) 戦争法強行採決4周年、緊急に近鉄奈良駅で署名(午後5:30~6:00)と集会(午後6-7時)です。 いつもの生駒駅ロングランはありません。この参加予定者は夕方5時半からの奈良駅行動にご参加ください。 

 

 

10月3(木) 2つの署名(午後2~3時 生駒駅)、スタンデイングと署名
     ・・・・時間に注意してください。


10月9(水) 2つの署名(11~12時 生駒駅)

10月13(日) 鹿ノ台校区9条の会平和のつどい(13:30~ 鹿ノ台ふれあいホール  宮尾耕二弁護士)

 

10月19(土) 2つの署名(午後2~5時 生駒駅)、3時間ロングラン 

 
     第180回 「憲法九条の会・生駒」運営委員会
       2019年10月1日(火) 午前10:00~12:00  於ゆうほ~
 当会は運営委員を決めていません。当日参加された会員(1日運営委員)で構成しています。
        お時間が許せばご参加賜りたく、ご案内申し上げます。
 




「憲法九条の会・生駒」お知らせ 2019年7月30日号(部内資料)


・・・(憲法9条に係わる最近の動きから)・・・



参院選、改憲派議員3分の2を割り込む

しかし安倍首相は憲法改悪へまっしぐら


  参院選の結果、自民党は改選前より9議席減らし、改憲勢力は公明・維新をあわせても参議院全体の3分の2を割り込みました。首相は国民の信任を得たというが、自民党の議席数は9減り、その得票数は3年前より減少して1770万票となり、これは有権者全体の16%の支持(7人に1人)しかないのです。
 注目の32ある1人区は、自民22勝、野党共闘10勝(3年前は自民21勝、野党11勝)と野党は健闘し、3分の2阻止に大いに貢献しました。
 安倍首相は「残された任期の中で改憲に挑む。野党にも真摯に対応する。自民案にとらわれず柔軟にやる。国民民主党の中には議論を前向きに進めるべきと考える人もある。」  つまり野党の取り込みに動くことは必至。 日本維新の会の松井代表は「憲法審査会は全党が一致しないと開かないのではなく、自民党がリーダーシップをとって開催すればよい。」と、けしかけています。
 選挙応援に日本会議幹部も動員。投票日前日の20日、新潟選挙区に「美しい日本の憲法をつくる国民の会」(日本会議のフロント組織)共同代表の桜井よしこ氏まで動員。自民と日本会議の一体ぶりを示しました。
 26日になって、玉木国民民主党代表が、「私は生まれ変わった。改憲で自民との協議に応じる、党首討論を。」
 26日ネット番組で、萩生田自民幹事長代行は「改憲のため、衆院議長交代も」 危険な策略が動いています。

◎憲法を変えるためには、提案された改憲案が衆参両国会で3分の2以上の賛成で可決(発議)され、さらに国民投票にかけられて、投票総数の過半数の賛成で成立します。従って、この選挙で自民・公明・維新の改憲政党が3分の2をとるかどうか、注目されてきました。しかし3分の2に達しなかったことから、安倍政権は今後他の野党を切り崩して、改憲賛成派を獲得しようと動くことは必至です。また、どういう内容の改憲なら野党がのってくるか、の動きも出てきます。私たちは憲法9条を変えさせないために、十分な警戒が必要です。「戦争する国づくり」は絶対に阻止しなければなりません。


●8月9日の西教寺の行事について

 西教寺は、近鉄百貨店の東隣の高台にあるお寺で、生駒駅から北東徒歩5分です。住職の藤本信隆さんは「安倍9条改憲No!3000万署名」の生駒在住呼びかけ人44名のうちの1人であり、また「念仏者9条の会奈良」の代表です。ここでは毎年8月に全戦没者追悼法要・平和のつどいが開催されます。
  8月9日は午前10:30より法要、11時より平和の鐘が9つ打たれます。そのあと「NPO法人・いこま国際交流協会顧問」の金潤哲さんが講演されます。お題は「違いを認め、ともに生きる」です。最近の日韓関係の問題にも触れられるようです。ご懇志は1000円です。  


●NHKに抗議行動

 籾井会長時代の放送総局長だった板野氏(当時の専務理事で籾井会長を支える)が、再びNHK専務理事に復帰した人事に抗議し、その解任を求めて6月25日、東京渋谷のNHK放送センター前で抗議の「門前集会」が開かれました。「NHKとメデイアの今を考える会」が主催。
 集会に先立って、上田会長とNHK経営委員会あての申し入れ文書を提出しました。文書には、NHK退職者51人を含む約450人の個人と20団体が賛同しています。その内容は「政権とパイプを持つと一致して評価される人物が、執行部で重要な地位を占める事態は、政府からの独立を求められるNHKにとって重大な障害となる。」と指摘、さらに放送総局長時代、安保法制の国会審議報道で「政権の意向を忖度したのではないか」など、厳しい批判が相次いだとして、「板野氏が執行部の一員であることによって、NHKの政治報道の政権広報的な傾向がさらに強まる恐れがある」ち強調、板野氏の解任を強く求めています。


●教員の仕事時間は世界最長

 6月19日、経済協力開発機構(OECD)は、昨年実施した 第3回国際教員指導環境調査の集計結果を公表しました。
 日本の中学校教員の仕事時間は1週間当たり56.0時間で、 2013年の前回調査を2.1時間上回り、2回連続で世界最長となり ました。参加48ケ国・地域の平均は週38.3時間で、日本は部活 動の指導や事務業務の長さが目立っています。(注;日本の数字 は、政府が公式に提出したものです。)
 また、日本が今回新たに調査に加わった小学校教員の仕事 時間も、15ヵ国・地域で最長の54.4時間でした。



●8月5日(月)10時より、小学校教科書採択の 臨時教育委員会です。
ぜひ傍聴に行きましょう!


 「道徳」という科目は、小学校は2年目を迎えましたが、来年から小5・6年に新たに「英語」が正式の教科として導入され、いずれも学級担任が担当し、評価もされます。
 来年度の小学校教科書を採択する臨時教育委員会は、8月5日(月)午前10時より、市役所会議室(場所は庁舎内に掲示)で行われます。いま小中学校の教育は大変ですが、どういう論議がなされるか、注目しましょう。傍聴を希望される方は、8月5日(月)午前9時45分に市役所2階の教育員会窓口前にお集りください。

◎みなさんの、「憲法九条の会・生駒」への賛同募金をお待ちしております。       
「郵便振替口座 00930-9-278631 憲法九条の会・生駒」へお願いします。



・・・・・・こ れ か ら の 予 定・・・・・・


8月3(土) 2つの署名(11~12時 生駒駅)スタンデイングと署名

8月5(月) 小学校教科書採択の臨時教育委員会(10時~ 市役所) NHK裁判(11時~奈良地裁)終了後、教育会館で講演会(星弁護士;NHKの主張と我々の反論)

8月9(金) 西教寺平和のつどい(10:30より法要、平和の鐘、金潤哲さん講演)・・・・・
      詳細は↑↑「●8月9日の西教寺の行事について」掲載

8月10(土) 2つの署名(午後6~7時 生駒駅) 同時刻に生駒市がベルテラスでピースキャンドルナイトを開催      
(いつも毎月9日に行う生駒駅署名活動を、10日夕刻に変更しています。注意してください。)

8月18(日) 第18回夏のつどい(13:30~ 図書会館) 青木繁氏87歳の戦争体験、

8月19(月) 2つの署名(午後2~5時 生駒駅)、3時間ロングラン

              

9月3(火) 2つの署名(11~12時 生駒駅)スタンデイングと署名

 

9月6(金) 映画上映「華氏119」(10:30、14:30、18:00郡山城ホール)トランプのからくりを暴露、マイケルムーア監督 前売り900円



    (このチラシご持参の方は900円チラシ1枚につき2名様まで)




     第179回 「憲法九条の会・生駒」運営委員会
       2019年8月27日(火) 午前10:00~12:00  ゆうほ~
 当会は運営委員を決めていません。当日参加された会員(1日運営委員)で構成しています。
        お時間が許せばご参加賜りたく、ご案内申し上げます。

       

「憲法九条の会・生駒」お知らせ 2019年6月20日号(部内資料)


・・・(憲法9条に係わる最近の動きから)・・・



参院選では改憲派議員を3分の2以下に追い込もう

32ある1人区は、自民対野党統一候補の対決


 自民党は参院選で「改憲」を正面に立てて、「すべての党所属国会議員は、演説の際に必ず憲法改正に触れるよう徹底を」(下村党改憲推進本部長)といい、さらに全ての小選挙区支部単位で改憲推進本部を立ち上げつつあります。 二階幹事長と下村の連名で4月26日付「憲法改正ビラ」を作成、参院選で同党あげての積極的な活用を求めています。安倍首相は、来年を新憲法制定の年にする、と豪語します。 このように憲法をめぐる闘いはいよいよ正念場を迎え、今回の参院選で改憲派・護憲派のいずれが勝利するか、が憲法の行方を左右する重大な情勢です。もし改憲派が3分の2を占めると、安倍政権はいつものように、強行突破で改憲が発議される危険が迫ってきます。(3分の2に達しなければ改憲できない。)  発議が3分の2以上で可決されると国民投票にかけられます。国民投票は過半数で成立します。我々の3000万署名、街頭署名、学習会、集会、パレードなど、1つ1つの反対運動をしっかり成功させると共に、選挙では護憲派議員の当選を目指して、この選挙の意義を広め、宣伝しましょう。


●野党統一候補の多数当選で、改憲を阻止しよう 小選挙区制というのは定員1名(1人区)のため、野党がバラバラに立候補すると、自民党が得票率30%でも、1位をとれば当選します。6年前の選挙では1人区は、自民29勝、無所属1勝、野党1勝で、自民の圧勝でした。そこで3年前の前回の参院選では、野党が候補を一本に絞り、自民党対野党統一候補の一騎打ちとなって、自民21勝、野党11勝という画期的な成果をあげました。その教訓から今回も5野党党首はくりかえし協議し、候補者を1人に絞ることで合意しました。奈良県もその1つです。同封の「もうだまされません! 選挙にいきましょう」のちらしを是非ご覧ください。

●盛大に 「生駒南憲法9条の会」 創立集会
 6月2日、南コミセン「せせらぎ」で開催され、70人という満席、そして内容のすばらしさで、参加者は大きな感動に包まれました。
(創立集会報告ニュース)

生駒南憲法9条の会ニュース  2019年 6月号 NO.1

生駒南憲法9条の会の創立集会、70人参加で大成功! 出発を喜び合いました!


 生駒南憲法9条の会、『創立集会』(6月2日)が、南コミュニティセンターせせらぎで行われ約70名の参加者があり、会場の席はいっぱいになりました。はじめに主催者代表の宗川さんより、あいさつがあり、生駒南憲法9条の会は南小校区、壱分小校区、南第二小校区の三校区合同の会であるとされ、「政府は9条を変えるのではなく、憲法9条を生かした平和の外交を。」と結ばれました。
続いて、生駒で9条の会の活動に尽力されてきた谷山さんより、全国の「九条の会」事務局長の小森さんからの連帯のあいさつの紹介がありました。この時期に「生駒南憲法9条の会」が創立されることは改憲を許さない運動全体に大きな励ましとなることが表明されました。

 第一部は、たなかやすこさんによる朗読です。
演題は、「三度戦争に行った父と私の物語」。たなかさんは、1937年生まれ。最後まで立って、よく通るお声で話されました。 たなかさんの父の初出兵は、1932(昭和7)年、上海事件のとき、このとき父は、「戦争は、現地に進出した日本の大会社を守るためのもの」とわかった。2回目の出兵は、1938(昭和13)年、監獄のような部屋で暮らし、ベトナム近くまで進んだこと。 3度目は、1944(昭和19)年、父34歳、なんで3度も行かなければならないのか。その後、お金の値打ちがなくなり、物々交換。疎開の子といじめられたこと。梅田には、ガード下で親を亡くした子が死んでいったこと。
1946(昭和21)年、ヒゲ茫茫の父が帰ってきた。父は、武漢で敗戦。捕虜生活を送り八路軍の将校に助けられた。そして、ある日学校で、先生から「新しい憲法ができた。決して戦争はしない。世界中の人々と平和に暮らす。」と聞かされた。父はこれから戦争に行かんでええねん!と喜び勇んで帰宅して父母に大声で話した。等々。情景が浮かぶ臨場感のあるお話でした。

 第二部は、前田徹生さん(桃山学院大学名誉教授)のお話です。
テーマは、「今、日本で何が起こっているのかを読み解く-日本が再び戦争の道に進まないために-」。はじめに、ベトナム戦争、アメリカはなぜ勝てなかったのか?では、ベトナムの古来からの音楽や語らいを楽しむ、生活を楽しむ日常性を忘れない民族性がベトナムを屈しさせなかった。反面、アメリカ軍帰還兵の3分の1程がPTSD(心的外傷後ストレス障害)になるという戦争の残虐性がアメリカを勝たせなかった。
 社会の反憲法的な現実として、自衛隊の理不尽さ(飲み会で上司が部下にカードを出させて支払わせる。自殺者が多いこと等)。日大アメフト部の特攻隊と同じような命令。憲法規範が生きている面として、川崎の事件の後、子どもの命をどうやって守ればいいのか懸命に議論が起こること。日大アメフト部の事に対してみんながおかしいよと言うこと等。
 憲法原理を破壊するアメリカの対日政策とそれに呼応する日本の政治家・官僚として、日米地位協定を挙げ、横田空域には、日本の民間機は通れないことや日本の軍事基地からアメリカはフリーパスで誰が日本に来ているかつかめないこと等が挙げられました。
 お話の後、前田さんは、質問にていねいに答えられ、特に、「今は、軍事を露骨に出していく時代ではない。」と強調されました。

たなかさん、前田さん、参加者の皆さん、ありがとうございました。これからも生駒南の皆さんのお力をお借りして文化や平和を考える集いをしたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

      「生駒南憲法9条の会」連絡先 宗川茂(0743-77-6885)



●1人で1200筆達成の手記 「3000万署名の取りくみ、わたしのやり方」
 「安倍9条改憲No!全国市民アクション」が呼び掛けた3000万署名運動は、3年目に入ってもなお全国で粘り強く取り組まれていますが、生駒で個人で1200筆以上を集められた小平尾町の谷山清さんから、「3000万署名の取りくみ、わたしのやり方」と題して手記が寄せられました。↓↓
大変貴重な体験談で、長文ですが全文を掲載しました。ぜひお読みください。中央の各団体にも送付済み。

「3000万署名」の取りくみ わたしのやり方

2019年5月3日  「憲法9条の会生駒」谷山清



「3000万署名を達成し、安倍9条改憲に終止符を」をモットーに2017年9月に発足した署名運動が、明くる年の2018年4月には1,350万に達し、8月には1,800万になりそうとの報道がありました。私たち「憲法9条を守る生駒共同センター」(以下「共同センター」)でも、毎月6、9、19日の3回、生駒駅前で市民に呼びかけ、精力的に続けてきたおかげで、2019年4月9日現在で4,224筆を集めることができました。これは、共同センターに所属する活動家の皆さんの働きによるものです。

 私は、自分の体調に照らしこの大切な活動に参加し続けることができず、仲間の皆さんに済まない思いでいっぱいです。そこで、自分はどうしたらこの運動に関わることができるかを考え、これまで交流のあった中で、この人に頼んだら…という方を見つけ、協力してもらう方法を思いつき、2017年12月から始めることにしました。

 なぜこの様な方法を採ったか。もう10年も前だったでしょうか、「核兵器廃絶」の国際会議がアメリカで開かれたときに「核兵器全廃」の署名を代表が持っていくということで、この生駒でも平和委員会を中心に署名集めに取り組まれました。真鍋洋子さんが事務局長をしておられたときでした。私は生駒市民12万人の1%に当たる1,200人分を集めようと目標をたてて取り組み、これを達成しました。このときの経験を活かして、今度の「3,000万署名」も頑張ろう、と思ったのです。しかし、90歳を越した今、1,200筆は無理なのでせめて500筆を…と目標を低く設定して、取り組みを始めました。

<その1> これまでの巡り会いを活かして 

 協力をお願いする手紙、署名用紙と私宛の返信用封筒(もちろん切手は貼って)を同封して、これはという人に送り働きかけました。 対象者は次の4通りです。
・私は40年間、小学校の教師をしていたので、多くの教え子に巡り会えました。今でも毎年、年賀状をくれる教え子180人ほどの中から、この子なら賛同してくれるだろうという55人。
・元職場で一緒に働いた仲間の中で、この人はという10人。
・「奈良作文の会」(1948年に発足し60年間続いている)で共に活動してきた人たち、また退職後19年間、郷土作文教育月刊紙「学びの園」に協力してくださった方々、合わせて16名。
・私のクラスに来てくれた教育実習生で、その後もずっと交流が続いている3人。

以上の対象者に働きかけた成果は、次の通りです。
①教え子55人中48人が応じてくれ、269筆。
②元職場の仲間12人中10人が応じてくれ、98筆。
③「作文の会」と「学びの園」関係16人が応じてくれ、160筆。
④教育実習生3人が応じてくれ、90筆。      

 合計617筆。           

<その2> 直接に足を運ぶ

 直接足を運び、会って協力をお願いする方法です。次のような人たちに呼びかけました。

・退職後、生駒滝寺テニスコートで行われている「生駒テニス愛好会」の仲間に入れてもらい、19年間一緒させてもらい、退会後も親しくさせてもらっている方数人。
・2カ月に一度くらい訪ねる大阪鶴橋で朝鮮人参を扱っておられる「日和堂」のおばさん。
・お世話になっている二つの病院の院長さん。
・地域で親しくお付き合いしている方6人。
・教え子の同窓会に招かれた折に、参加の子らに呼びかけ。
・講演を頼まれ、役目を果たした時に。
・親類4軒。
・その他、色々な方。
 この方法での取り組みの成果は次の通りです。  


1「生駒テニス愛好会」の方々、50筆。
2「日和堂」のおばさん、135筆。
3 院長さん、8筆。
4 地域の方、35筆。
5 教え子の同窓会、23筆。   
6 講演会で、62筆。
7 親類、50筆。
8 その他、167筆        
      合計530筆

 以上、<その1>と<その2>を全て合わせて計1,147筆です(2019年4月9日現在)。
 はじめに目標とした500筆の2倍以上に達し、我ながらよく集めることができ、何より、協力して下さった方々に心から感謝の念を表さねばと思います。

<付記> 印象深かったこと

 2017年12月から2019年4月までの1年5ヵ月にわたる取り組みの中で特に印象深かったことを付記しておきたく思います。

(1)「日和堂」のおばさんのこと
 なんといっても忘れられないのは「日和堂」のおばさんの135筆です。この方とは十数年来の付き合いで、2ヵ月に一度ほど朝鮮人参を買いに行き、世間話をします。「日和堂」は、おばさんのお祖父さんの代に韓国からやってきて、大阪の鶴橋で商売をされたのが始まりで、今のおばさんで3代目だそうです。世間話の中で私が韓国旅行(「平和の旅」)をし、見聞きしたことや、教員時代に小学校6年生に社会科の授業で「日韓併合」を教えたなどという話をすると、身を乗り出すようにしてよく聴いてくれ、政治の話もけっこう通じ、安倍批判や憲法を守る大切さについても考えを共有できる方です。20歳代の娘さんも、おられる日は話に加わってくれます。ある日、帰り際に「3000万署名に協力してほしい」と署名用紙数枚を渡そうとすると、「こんなのすぐに集まるから、もっとたくさん置いていき」とおっしゃるので、その時に持っていた15枚(75筆分)を全て渡しました。すると、それから一週間もしない内に、我が家に75筆の署名が届き、びっくりしました。  次に訪れた時、「どうしてこんなにたくさん、早く集まるの」と尋ねると、「この商店街の皆さんが“いいよ、いいよ”とすぐ応じてくれるし、娘の夫が北海道の人で、仲間がいっぱいいて電話をかけただけですぐに応じてくれるから、たくさん置いていき」と言ってくださるので、お言葉に甘えてさらに12枚(60筆分)を渡して帰りました。すると10日ほど経って、またもや60筆で満たされた署名用紙が我が家に届いたのです。北海道の住所の方がたくさん署名されていて、圧倒されるとともに、人脈のありがたさをつくづく感じました。

(2)K君のこと
 私は小学校の教師を40年間やってきましたが、その殆どと言っていい38年間、国立の附属小学校(はじめは師範学校の、ついで学芸大学、さらに教育大学と名前は変わりましたが)で勤め、多くの同僚と切磋琢磨してきました。退職してからも交流の続いている方が何人もいます。なかでもK君とは20も年の差がありながら特に親しい間柄で、「生駒9条の会」の主な催しにもよく参加してくれます。彼にこの署名をお願いしたところ、50筆を短い期間に届けてくれました。後で聞いたところでは、この時は奥様の病が重く、入院され看病にあたっていたのにも関わらず、この仕事をやり遂げてくれたとのことでした。それから少しして奥様が亡くなられたことを知り、なんと申し訳ないことをしたかと、後日、謝りました。

(3)教え子、Mちゃんのこと
 38年前、高学年で担任をしたMちゃんです。1982年、私たちの学校で初めて広島への修学旅行を実施しました。旅行から帰って6年生全員に記録を書かせ、学年文集を作りました。ここでMちゃんはこんな詩を書きました。

〜エピローグ「平和」〜     この気持ちが、この感動が、核への憎しみ
                平和への祈りに変わった
「ふるさとの街 焼かれ
身よりの骨埋めし焼土に    この気持ちをどこへもっていけばいいのか
今は白い花咲く            だれに言えばいいのか
ああ許すまじ原爆を
三度許すまじ原爆を          私には願うしかない
われらの街に」        こんなちっぽけな私が一人ではとても無理だ

涙が出るくらい感動         しかし、願うだけで本当に平和が
したこの詩               くるのだろうか

「天が真っ赤に燃えたとき    米田先生や、高橋館長さんにこたえること
わたしのからだはとかされた       が出来るのだろうか
ヒロシマの叫びを
   ともに世界の人よ」     何もできない ちっぽけな私だけど

ふるえるぐらい心がゆれ      何かをしたい
たこの詩              何かをしなければならない


私の心にこの詩が残っていたので、ふと思いつき、彼女への手紙に、「あのとき思った“何をしたい、何かをしなければならない”は署名という形で出来るのではないか、ぜひそうしてほしい」と書き添えて届けたのです。すると、なんと50筆を集めて送ってくれました。
 彼女は現在、ピアニストとして活躍し、関西では一流です。各地でコンサートを行い、「歌の教室」も開いています。おそらく、この教室の人たちにも働きかけてくれたのでしょう。

    (4)教え子、TちゃんとEちゃんのこと
 教え子たちの署名でとびきり嬉しかったのは、この二人からのものです。
 Tちゃんは、教師生活で最後の担任をした1986年当時で3年生だった子です。彼女は目立って学力が遅れていて、みんなから蔑まれ、なかなかクラス仲間に溶け込めない子でしたが、色々と手立てを考えて取り組み、担任を終える時には明るく4年生に進級させることができました。退職してからも年賀状を欠かさず出していました。このTちゃんが、この署名の呼びかけに応じてくれ、ただ1筆、自らの名前を書いて送ってくれたのです。署名が届いたのでお礼の電話を入れると、33年ぶりに彼女の弾んだ声が聞けて、とっても幸せでした。
 もう一人のEちゃんは、Tちゃんよりも少し前、1, 2年生で担任しました。この子も、障がい児学級へ入れるべきか迷った子でした。この子にも手紙を書いてお願いしたところ、家族と知り合いの方と合わせて5筆を届けてくれました。返信用の手紙には「子供を連れて先生の家へ行きたい、1年生の時、先生に“高い高い”をしてもらったことが忘れられないです」と書かれていて感激しました。
 この二人合わせての6筆は、私にとって宝物なのです。どんなに多くの署名にも代えられない宝物です。この子らの心も、3000万人の一人として、立派に役目を果たすことでしょう。

           〔追記〕2019年5月20日現在 1255筆に達しました。


●「憲法9条の会・生駒」の 2018年度会計報告
「憲法9条の会・生駒」の2018年度会計報告を、公認会計士の監査をつけて別紙に掲載しています。この1年は、みなさんから貴重な募金をたくさんいただき、残高も多くなり、会計にゆとりが生まれました。みなさんのたくさんのご協力、本当にありがとうございました。

●安倍政権のNHK支配へ体制づくり
 4月9日、NHKは元専務理事の板野裕璽氏(籾井前会長時代、会長を支えた人物)を専務理事に復帰させる人事を発表、安倍首相に極めて近い板野氏の異例の復帰は、首相官邸が改憲の発議や国民投票で世論誘導するため、NHKをまるごとコントロールする体制づくりの一歩、と見られています。NHKへの監視がますます重要です。

●8月に、小学校全教科書採択・・・図書会館で6月29日、みんなで読む会
 「道徳」は、今年から中学校に導入され、小学校は2年目を迎えました。来年から小5・6年に「英語」が正式の教科として導入され、評価もされます。
 文科省は定期的に学習指導要領を改定し、新しいカリキュラム(どの科目を週に何時間と指定)と新しい検定済み教科書を、全国の子どもたちに押し付けます。
 来年から小学校の全教科書が新しく、また再来年から中学校の全教科書が新しくなります。生駒市では小学校教科書展示会が、 6月14日(金)から7月12日(金)まで(いずれも9:30~17:00休館日除く)、東生駒の図書館で行われます。(昨年までは図書会館の2階の自習室でしたが、今年は1階の図書館内・・・入って右奥の特別資料室で展示されています。) みなさん、子どもたちがどんな教科書を使うのか、ぜひ見に行ってください。
 なお、「子どもと教科書生駒ネット21」としては、例年のようにみんなで見に行って教科書を読み、みんなで問題点を話し合い、市教委に意見を出す機会を設けます。6月29日(土)午後1:30より図書会館2階の右奥、第3研修室へどうぞお越しください。現職の先生も来られます。教育現場の様子もお伺いします。


 「子どもと教科書生駒ネット21」(代表:山上浩功)は、5月28日生駒市教育長に対し、①小学校の英語導入に関して指導体制の確立 ②採択は現場の先生方、市民、保護者の意見も尊重する ③図書館での教科書展示の場所を分りやすく ④採択の教育委員会の傍聴者に、採択に関する資料を配布すること、 などについて文書で申し入れました。


◎みなさんの、「憲法九条の会・生駒」への賛同募金をお待ちしております。
     「郵便振替口座 00930-9-278631 憲法九条の会・生駒」へお願いします。

・・・・・・こ れ か ら の 予 定・・・・・・

6月24(月) 憲法生駒共同センター運営委員会(13~14時半 セイセイビル203)
    平和行進(15:30市役所1階ロビー集合)集会とパレード(行進は広島までのリレーで核廃絶を訴えます)

6月29(土) 小学校教科書について話しあう会(13:30~16:00図書会館2階の第3研修室)・・解説は↑↑に

6月30(日) 奈良県市民連合決起集会(13:30~ 文化会館小ホール) 西田一美野党統一候補あいさつ

7月3(水) 2つの署名(11~12時 生駒駅)スタンデイングと署名

7月4(木) 国会の会期延長なければ参院選告示?    7月21日(日)参院選投票?

7月9(火) 2つの署名(11~12時 生駒駅)、       7月19日は生駒駅行動ありません。


     第178回 「憲法九条の会・生駒」運営委員会
       2019年7月23日(火) 午前10:00~12:00  ゆうほ~
当会は運営委員を決めていません。当日参加された会員(1日運営委員)で構成しています。
        お時間が許せばご参加賜りたく、ご案内申し上げます。



「憲法九条の会・生駒」お知らせ 2019年5月20日号(部内資料)


・・・(憲法9条に係わる最近の動きから)・・・


許すな安倍改憲、5月3日憲法集会に6万5000人


 5月3日、安倍首相は東京での改憲派集会にビデオメッセージを寄せ「2020年を新憲法施行の年に」(2年前から繰り返し表明)といい、自衛隊を明記する改憲について「その先頭に立って責任を果たす」
4月24日に衆院憲法審査会の幹事懇談会開かれ、5月9日の参考人招致を決定。9日は参考人質疑のあと、国民投票法改定案の質疑と採決を自民党は求めたが、野党の反対で法案審議は見送りとなった。更に5月15日の憲法審査会幹事懇談会は、16日の憲法審査会で国民民主党の幹事の交代の議決を行うことを決定・・・このように、しばらく開かれていなかった衆院憲法審査会が、徐々に自民党のペースで動き始めています。
 自民党は参院選で「改憲」を正面に立てて、「すべての党所属国会議員は、演説の際に必ず憲法改正に触れるよう徹底を」(下村党改憲推進本部長)さらに全ての小選挙区支部単位で改憲推進本部を立ち上げるいっぽう、5月の憲法審査会で改憲4項目を発表する(同本部長)。 二階幹事長と下村の連名で4月26日付「憲法改正ビラ」を作成、参院選で同党あげての積極的な活用を求めています。
 このように憲法をめぐる闘いはいよいよ正念場を迎え、参院選でいずれが勝利するか、が憲法の行方を左右する重大な情勢です。我々の3000万署名、駅頭署名、街頭署名、学習会、大集会、パレードなど、1つ1つをしっかり成功させましょう。
 5月3日の東京憲法集会に6万5千人。演説した野党党首、枝野、玉木、志位、又市、伊波氏らが「市民と野党の共闘で参院選勝利」を訴えました。玉城デニー沖縄県知事がメッセージを寄せました。

●米軍F35ステルス戦闘機の3割が、スペア部品不足で飛べず、5割以上が単一の任務さえ遂行できない。(米政府監査院が4月25日公表) 同盟国への売却分を含む全機体中、単一の任務遂行可能な機体は45.8%、全面的に任務遂行可能な機体は26.8%にすぎない、と発表。この欠陥機を購入する日本も膨大な無駄遣いに・・・・・・。
●日米地位協定見直し要請意見書、7道県と122市町村議会が可決しました。3月8日以降77増えて129自治体になりました。独、伊、英、ベルギーでは、駐留米軍に国内法が適用されており、その国の許可なしに米軍機は飛行できないが、日本では日米地位協定に「外国軍隊には日本の法令は適用されない」とあり、米軍機はいま勝手放題に日本の空で軍事訓練している。翁長前知事の名言「憲法の上に地位協定があり、国会の上に日米合同委員会がある」 
 (下記に5月25日の日米地位協定学習会案内)
●海上自衛隊艦船が、米海軍指揮下で「共同展開」しています。米軍「協力国」の海軍艦船を、米原子力空母を中心とする空母打撃群や、強襲揚陸艦を中心とする遠征打撃群・水陸両用即応群に組み込んで軍事作戦を展開しています。自衛隊を米軍が指揮しています。
 いっぽう、米軍機の日本国内訓練が激化しています。岩国基地では騒音が1日192回観測されました。原子力空母ロナルド・レーガンの艦載機が東京都硫黄島で着陸訓練(5月9~19日)・・・三沢、厚木基地でも同様です。
●NPT第3回準備委員会へ日本被団協からヒバクシャ署名941万人分提出。昨年10月には830万人分提出。2020年は5年に1回のNPT再検討会議あり。
●4月9日、NHKは元専務理事の板野裕璽氏(籾井前会長時代、会長を支えた人物)を専務理事に復帰させる人事を発表、安倍首相に近い板野氏の異例の復帰は、首相官邸が改憲の発議や国民投票で世論誘導するため、NHKをまるごとコントロールする体制づくりの一歩、と見られています。NHKへの監視が重要。


 ◎みなさんの、「憲法九条の会・生駒」への賛同募金をお待ちしております。
      「郵便振替口座 00930-9-278631 憲法九条の会・生駒」へお願いします。




・・・・・・こ れ か ら の 予 定・・・・・・

5月25(土)  日米地位協定学習会・憲法生駒共同センター主催(13:30~ 美楽来  池田順作講演)


6月2(日)  生駒南9条の会・創立集会(13:30~せせらぎ201~203前田徹生桃山学院大学名誉教授講演)


6月3(月) 2つの署名(11~12時 生駒駅)スタンデイングと署名

6月9(日) 第62回奈良県母親大会(9:30~15:30 奈良県産業会館 映画「ザ・思いやりパート2」上映、
前田徹生名誉教授講演、 望月衣塑子講演)  近鉄高田駅徒歩5分、JR高田駅東出口すぐ、参加費千円


6月19(水) 2つの署名(午後2~5時 生駒駅) 3時間ロングラン

            第177回 「憲法九条の会・生駒」運営委員会
       2019年6月18日(火) 午後1:30~3:00  ゆうほ~

   当会は運営委員を決めていません。当日参加された会員(1日運営委員)で構成しています。         
     お時間が許せばご参加賜りたく、ご案内申し上げます。



「憲法九条の会・生駒」お知らせ 2019年4月16日号(部内資料)


・・・(憲法9条に係わる最近の動きから)・・・

「奈良県9条の会ネットワーク」は下記抗議文を、首相官邸、自民党本部、公明党本部に送付しました。(4/15)



憲法審査会の再始動、及びシナイ半島自衛隊派兵に抗議する


 いまの通常国会で、与党などから衆院憲法審査会の再始動の動きが強まっている。衆院憲法審査会の森英介会長は3月28日に続いて、この4月3日にも野党の意見もきかないまま職権で幹事懇談会の開催を決めたが、与野党の合意に至らず開かれなかった。
 憲法審査会がなぜ開催できないのか。与党などは「職場放棄」などと野党の対応を攻撃するが、それはまったくお門違いである。
 第1に、ほとんどの世論調査をみても、政治に求める政策の優先順位では「憲法改正」は最下位である。いま憲法改正を急いでいるのは安倍政権だけである。
第2の理由は、内閣総理大臣たる安倍首相がこの間、繰り返し憲法99条に違反するおそれのある改憲を求める発言を重ね、これを巡って「憲法論議のための静かな環境」が醸成されていないためである。
 安倍首相は今年になってからでも、1月5日の下関市の後援会での挨拶、
通常国会での施政方針演説、2月10日の自民党大会での挨拶、通常国会での予算委員会での答弁、3月17日の防衛大学校卒業式での挨拶などで、改憲や改憲を示唆する演説を繰り返している。これは断じて容認できない。
 とりわけ自民党大会で、9条改憲の口実に「自衛隊募集に対して都道府県の6割以上が協力を拒否している」ことを挙げたことは重大だ。これは全く事実と異なっている。首相はのちに「都道府県」を「市町村」と変更したが、問題は同じであり、このフェイクについての首相の謝罪がない。岩屋防衛相すらこの首相発言の誤りを訂正せざるを得ない始末である。
 こうした憲法99条違反にかかわる一連の首相の言動の掘り下げた検討と謝罪なしに、憲法審査会が開催できないのは当然である。
 憲法審査会は2000年の憲法調査会発足以来、「最高法規である憲法に関する論議においては、政局にとらわれることなく、憲法論議は国民代表である国会議員が主体性を持って行うべきとの共通認識に基づき、熟議による合意形成」を重視するという建前で運営されてきた。
 党利党略で、この原則を破り、官邸の意思を忖度して、憲法審査会の正常な運営を壊してきた責任はあげて与党、自民党にある。正常化を望むなら、まず自民党がその環境をつくり出すべきだ。このまま憲法審査会を開くことができないのは当然である。
 まして昨年の臨時国会期間に、野党の同意がないままに森会長が職権で審査会を開催し、のちにこの乱暴な運営を謝罪したばかりではないか。 憲法審査会は再始動させるべきではない。
 安倍首相らは憲法違反の改憲策動をやめよ。


 次に安倍政権は4月2日の閣議で、エジプト東部のシナイ半島でエジプトとイスラエル両軍の停戦監視をしている米・英など多国籍軍・監視団(MFO)司令部に陸上自衛隊員2名を派遣する計画を決定した。
 これは2015年の戦争法(安全保障関連法)強行と16年の同法施行に基づいた「国際連携平和安全活動」を適用する初めての措置で、今後、ひきつづき国連以外の多国籍軍、いいかえれば米国が主導する戦争や軍事行動への自衛隊の本格的派兵に道をひらくもので、断じて容認できない。
 この根拠法とされる戦争法自体が、集団的自衛権の行使にもとづく海外派兵に道をひらく憲法違反の立法であり、その強行はこの間の自衛隊の南スーダン派兵の失敗などで明らかなように、破綻してきたものである。政府はシナイ半島MFOへの自衛隊派兵の閣議決定を直ちに撤回せよ。
 憲法違反の戦争法を廃止せよ。
 以上、心からの怒りを込めて声明する。  

              2019年4月13日    奈良県9条の会ネットワーク


●政府は従来からの「専守防衛」をかなぐり捨てて、国民に見えないところで、軍事力強化、米軍との一体化、米世界戦略への一層の統合が進んでいる。


 政府は、敵基地攻撃に必要な兵器体系として、巡航ミサイルなどの精密誘導兵器のほか、▽敵の防空レーダーを妨害したり、レーダー基地を破壊したりする電子戦機▽敵の対空ミサイルなどの防空網をかいくぐる低空進入能力やステルス性能を持った戦闘機の電子戦能力の向上、敵の対空ミサイルの射程圏外から電波妨害をかける「スタンド・オフ電子戦機」導入、F35ステルス戦闘機のさらなる取得、無人偵察機部隊の新編などに踏み切り、「いずも」型護衛艦2隻の空母化など、まさに敵基地攻撃能力の本格的な獲得に踏み出しています。


●昨年、安倍政権は結局国会へ憲法改悪の提案を出せずに終わりました。 これは多数の署名を集めた国民のたたかいと、国会内野党共闘の粘り強いたたかいが結びついた成果です。しかし、安倍政権は諦めてはいません。今年は最大のヤマ場です。改憲阻止3000万署名にさらに取り組み、世論に訴え、さらに粘り強く、大胆に広げましょう。



2019平和といのちと人権を! 「5・3憲法アクションin 奈良」に参加しよう


 安倍首相が憲法改正を目指して、あらゆる手段を弄しています。5月1日の天皇譲位の後は、自民党が 2/3議席を持っているうちに、憲法改正の発議を強行採決するのではないかと危惧されています。 絶対にそうはさせてはなりません! させないための方法は唯一つ。憲法改正NO!の強い民意をつくること。 5月3日13:30にはJR奈良駅前にお集まり下さい! 家族、友人知人をさそって! JR奈良駅前広場で、幟、横断幕、プラカード、などを各自持ち寄り、アピールしましょう。 メインで配るのは「憲法を変えて『海外で戦争をする自衛隊』にしてもいいのでしょうか」チラシと 3000万人署名です。 各会、各個人で作成しているチラシも持ち寄りましょう。


 ◎みなさんの、「憲法九条の会・生駒」への賛同募金をお待ちしております。
      「郵便振替口座 00930-9-278631 憲法九条の会・生駒」へお願いします。




・・・・・・こ れ か ら の 予 定・・・・・・

5月3(金・祝) 2つの署名(11~12時 生駒駅)スタンデイングと署名
      奈良9条守る5・3憲法アクション(13:30~ JR奈良駅前広場)

5月6(月・祝) 奈良県憲法講座(13:30~ 文化会館小ホール 富田宏治関大教授講演) 500円

5月9(木) 2つの署名(11~12時 生駒駅)

5月18(土) 生駒南9条の会準備会(10~12時 せせらぎ201)

5月19(日) 2つの署名(午後2~5時 生駒駅)3時間ロングラン

6月2(日)  生駒南9条の会・創立集会(前田徹生桃山学院大学名誉教授講演 せせらぎ201~203)

            第176回 「憲法九条の会・生駒」運営委員会
       2019年5月17日(金) 午後1:00~3:00  ゆうほ~

   当会は運営委員を決めていません。当日参加された会員(1日運営委員)で構成しています。         
     お時間が許せばご参加賜りたく、ご案内申し上げます。








「憲法九条の会・生駒」お知らせ 2019年3月18日号(部内資料)


・・・(憲法9条に係わる最近の動きから)・・・


日本橋~三条大橋 48宿場 東海道五十三次 改憲許さねえ

弥次さん喜多さん訴え  マスコミ九条の会など
 3月9日、東海道五十三次の各宿場で「安倍9条改憲NO! 3000万人署名」をいっせいアピール。新聞、放送などの関係者でつくる「マスコミ九条の会」が呼びかけ、東海道筋の東京都、神奈川、静岡、愛知、三重、滋賀の各県と京都府の各九条の会などが協賛した取り組みです。 48宿場53カ所以上で実施されました。

 お江戸日本橋では「マスコミ九条の会」や「九条の会東京連絡会」など50人が参加。労組の幹部や弁護士ら10人が、憲法9条1項、2項を残し、自衛隊を明記することの危険性などを力説しました。


 京都市の三条大橋ではちょんまげ旅姿の弥次さん喜多さんが登場し、かけあいで「この通常国会を、安倍政権最後の国会にしなければ、この国の明日は切り開かれねえぜ」とアピールしました。主催は「憲法9条京都の会 三条大橋共同アクション」。


 弥次さん喜多さんに扮(ふん)したのは「京都映画人9条の会」に参加する俳優さん。2人は「街頭インタビュー」も行い、マイクを向けられた女性は「沖縄の県民投票で米軍基地建設に反対多数と民意は決まっているのに、政府が無視しているのは許せない」と答えていました。

 日本橋で訴えたマスコミ九条の会の仲築間卓蔵氏は「『面白い行動を提起してくれた』と反響があった。改憲発議を許さないたたかいを続け、安倍内閣を退陣させよう」と強調しました。


米国首都の議会が「核兵器廃絶求める決議」全会一致で採択

ワシントン特別区議会は3月5日、核戦争の危険を防ぎ、核兵器廃絶を連邦政府と議会に求める決議を全会一致で採択しました。同決議は、いまだに1万4500発の核兵器が地球上に存在しており、「人類の生存に容認しがたい危険をもたらしている」「小型核兵器でさえ、使用されたら世界中で気候の崩壊と飢饉を招き、大型核兵器の使用は何億もの人々を殺害し、壊滅的な環境破壊をもたらす」と警告しています。さらに核兵器禁止条約の重要性に言及し、 ①この条約を受け入れ、核廃絶を国家安全保障の中心にすえる。 ②核兵器先制使用政策を放棄し、核攻撃を開始する大統領の権限を終了させる。③他の核保有国と核廃絶にむけた検証可能な合意を追及する。・・・・ことを連邦議会と大統領に求めています。 なお同様の決議は、ロサンゼルス、ボルテイモアなどの大都市でも採択されています。


●自民、改憲「Q&A」配布   安倍首相の妄執 国会議員動員

 自民党の改憲条文素案について、同党が一問一答形式の資料を作成し、党所属国会議員に配布しています。素案は、9条への自衛隊明記など4項目の改憲を提案しています。9条改憲に固執する安倍首相のもと、同党が改憲策動の巻き返しを強めていることが鮮明になりました。  資料の題名は「日本国憲法改正の考え方 『条文イメージ(たたき台素案)』Q&A」で、同党憲法改正推進本部が作成。表紙、目次を含め全15ページで、素案への疑問に答える体裁です。関係者によると同党所属の国会議員事務所に配布されました。  Q&Aは、(1)9条への自衛隊明記の理由(2)緊急事態条項の導入(3)参議院の合区解消(4)教育の充実―の4項目でまとめています。  焦点の9条について素案は、「必要な自衛の措置をとることを妨げず」「内閣総理大臣を最高の指揮監督者とする自衛隊を保持する」という条文を加えます。この追加についてQ&Aは、「自衛権行使の範囲を含め(中略)これまでの憲法解釈についても全く変えることなく」と説明しています。


●日米合同委の密約暴露  今も米軍が日本の空を支配

    米軍機が日本の上空を自由勝手に飛び回り、日本政府は「米軍の運用にかかわる」としていつ、どこを飛んでいるのかも明らかにしない―。今なお米軍が日本の空を支配し、日本政府が米軍機の活動に関する情報を隠し続ける根拠になっているのが、日本共産党の穀田恵二議員が22日の衆院予算委員会で暴露し、政府が存在を認めた、米軍の飛行計画や“臨時”の訓練空域(高度留保、いわゆるアルトラブ=ALTRV)などを非公表とする日米合同委員会の覚書=密約(1975年4月30日付)です。
アルトラブ根拠
 日本の上空には本土とその周辺に8カ所、沖縄県とその周辺に20カ所、米軍の訓練空域が提供されています。これに加え、「一時的に設定」し、「時間の経過により終了する」(石井啓一国土交通相)とされる「アルトラブ」が日本全国で設定されており、その回数は年間で1000回に及ぶとの指摘もあります。  「アルトラブ」には「移動型」と「固定型」がありますが、穀田氏は米空軍嘉手納基地の第18航空団が作成した「空域計画と作戦」(2016年12月28日付)を示し、(1)米軍は沖縄周辺に「固定型」アルトラブを拡大(2)その面積は既存空域の1・6倍にもおよぶ(3)空中給油を行う空域も複数、設定している―事実を指摘。さらに、「アルトラブ」は航空路図にも示されていないため、「飛行回避や迂回(うかい)の指示があっても民間機はその存在すら知らず、運航の重大な妨げになっている」と追及しました。  米軍は「固定型」アルトラブの存在を明らかにしていますが、日本政府はこれまで一切明らかにしていません。その根拠が、穀田氏が暴露した覚書です。  また、穀田氏は、米軍が「アルトラブ」拡大を進めてきた15年以降、オスプレイの名護市浅瀬への墜落など重大事故が相次ぎ、「県民の命や暮らしが脅かされている」と告発しました。



昨年、安倍政権は結局国会へ憲法改悪の提案を出せずに終わりました。
これは多数の署名を集めた国民のたたかいと、国会内野党共闘の粘り強いたたかいが結びついた成果です。しかし、安倍政権は諦めてはいません。今年は最大のヤマ場です。改憲阻止3000万署名にさらに取り組み、世論に訴え、さらに粘り強く、大胆に広げましょう。

 

◎みなさんの、「憲法九条の会・生駒」への賛同募金をお待ちしております。
      「郵便振替口座 00930-9-278631 憲法九条の会・生駒」へお願いします。


・・・・・・こ れ か ら の 予 定・・・・・・

3月19(火) 安倍改憲No!3000万署名(午後2~4時 生駒駅) 2時間ロングラン  核廃絶署名も

4月3(水)と9(火) 2つの署名宣伝(11~12時 生駒駅)      但し4月19(金)は署名行動中止します。

4月24(水) 憲法生駒共同センター運営委員会(13:30~ ゆうほ~)

 
       第175回 「憲法九条の会・生駒」運営委員会
       2019年4月9日(火) 午後1:00~3:00  ゆうほ~

当会は運営委員を決めていません。当日参加された会員(1日運営委員)で構成しています。         
お時間が許せばご参加賜りたく、ご案内申し上げます。


*2005-2009年 *2009-2015/4月 *2015/4月-2017年 *2018-2019年~ *
 
 

 
 

since2005.1.19
Copyright (C) 憲法九条の会・生駒 All Rights Reserved.
supported by yuuh