憲法九条の会・生駒

7/8UP学習会 報告者 谷山 清 氏
「教育基本法」を変えてはなりません!!
2006年7月2日(日)  開場13時 13時30分〜16時
参加費 無料 於 南生駒コミセン せせらぎ小ホール
オープニング 生駒コーラス「樫」母さんのおくりもの他
感想文など

〇 生駒九条の会の盛会ぶりに大へん感動しました。
久しぶりに谷山先生のお話をお聞きしたくて参会しました。自分から立候補されたとの
こと、めったにないことで先生の決意をうかがい知りました。何度かお話を聞きましたが
今日は、特にくわしく、
熱く語ってくださいました。ありがとうございました。

〇 戦前の教育や国のあり方と戦後の違いが谷山先生のお話で実感出来ました。
ありがとうございました。
教育基本法、憲法改正反対の根底に、あの戦争の反省と、平和を愛する気持ちと、
危機感がある事がよくわかり、 又 心にしみました。真の「平和」や「愛国心」について
考えさせられました。

〇 感動しました。特に軍国少年の年代の日常生活のようすです。
改悪教基法はすべて国 政府の権力機構が施行すると断言しています。
人間の心 体 労働 生活すべてを国(現代というあたらしい装いをこらしてはいるが・・・が
支配するなんて、許せません。日本国民がダメになります。

〇 とても良い話を聞かせて頂きありがとうございました。
毎日の新聞をみるのがこわい位、暗い記事がおおくなった昨今、全部、政治がかかわって
いる事を感じます。
子供、孫達の為、私も出来ることを何かしたい、しなければと、切に思っています。

〇 谷山先生の子どもの頃からの教育の影響のおそろしさ、「すりこまれる」ことの
おそろしさが、実際おこなわれたお話しで大変よくわかりました。先生の教員としての
「心」よく伝わってきました。
なんとしても 先生達の後をついで、子供達を守るために、私達が(若くありませんが)が、
がんばらねばと感じました。

〇 語り口調がすてきです。すごく熱を感じます。やさしいお人柄も伝わります。
強い意志も。
教育基本法のこと、しっかりわかってませんでしたが、勉強になりましたし、改めて
守ることの大切さを、感じました。私が今日感じたこと、学んだこと、どうまわりの人に
伝えていけるか、伝えねばと思います。
それにしても教育の力は大きいし、あやまれば おそろしいということを感じます。
だからこそ 正しいことを守りたい!

〇 先生の体験された真実の力、大きいですね。
平和と民主主義を守る意味をあらためて教えていただきました。
私も教え子たちに訴えていかねばと思いました。
地域のビラまきなどにも どんどん参加するなど、行動をすぐに起こさなければ
なりませんね。
子どもを戦場におくる動きを 今こそ世論を大きくして止めましょう。
谷山先生 ありがとうございました。

〇 谷山先生の講演で先生の長年の思いをきかせて頂き、今、現役教師として
 引継いでいかなければいけない思いでいっぱいになりました。
微力な力ではあるかもしれませんが、子供達を正しい道に導くために精一杯
尽くしていきたいと思います。心豊かで自分に自信を持てる子供達の教育に
力を注いでいきたいと思います。
今日は、貴重なお話 ありがとうございました。又、ご指導、宜しくお願いします。
むし暑い日が続きます。ご身体ご自愛下さいませ。
〇 昨日、フィンランドの教育の話を聞いて、今の日本の教育に 
日本のすばらしい教育基本法がなぜ生かされていなかったのかという事が、
本当に残念に思った。
今日改めて、教育基本法を生かす教育を反動にまけることなく、進めていかなくては
ならない。

〇 教育勅語による忠臣愛国を受けたものとして、その経験をふまえた話は、
重みがあった。同じ体験者も
数多く参加されたようで、「若い」人々にもっと広めていただきたいと思った。
同時に「教基法改悪」以前に、様々な国家統制がなされ、物いわぬ教師づくりが
すすめられてきている。
そこに子どもをあずけている父母の中に広がればと思った。

〇 先生が育たれた、この土地での話、いろいろ想像しながら聞かせてもらいました。
今は、マスコミを中心とした風潮に流れがちな世の中だと思います。
上から、命令や法律を押しつけられたからと、すぐにそれになびくとは思いませんが、
マスコミの傾向は、よいとも思いません。
一人ひとりが、本当に正しく情報を得て判断する力をつけないといけません。
私は、息子や孫が、どこまで正しく認識しているかをずっと見守って、私の思いを、
伝えていきたいと思っています。その他、身の回りの人達にも、最善のこととして、
自分の人生を、満足して終えられるようにしたいと思います。生きていることを十分に
楽しみながら・・・。
先生も、やりたいだけのことをしていただけたら、うれしいです。健康にくれぐれも注意して。

〇 通り一遍の講演ではなく、歌あり実演ありの話がとても新鮮でした。
戦前の学校がそして教育がどんなものか、初めて実感を持ってわかったような気がします。
「改正」の意図をあばき、教育基本法を守ろうと、いくら声高に叫んでも、それだけでは、
だめだと思いました。
教育基本法に基づく教育、子ども達の人間性やさまざまな能力を開発していく、
教育実践を国民の前に示してこそ、支持されるものだと思います。
教育基本法を守るとりくみは、運動と共に、教育の中身で、対決していかないと
いけないと思いました。

〇 谷山先生のお話は、今まで知らなかったことを教えていただき、
感動を持って聞きました。

〇 姫野さんの作文のように「何もできない ちっぽけな私だけれど・・・」とありますが、
まずは知ることから始めたいと思います。
「愛国心」についてですが、谷山先生のお考えに感銘を受けました。
私も常から愛国心は“心”の問題だと思っておりました。決して強制・・・・・

〇 谷山先生の実体験をふまえ、わかりやすく軍国主義教育を話して下さり、
とてもよくわかりました。
元、教師をしていましたが、久しぶりに教育基本法を読んで、改めてすばらしいなあ
と思います。
ぜひ守るために、がんばりたいと思います。

〇 谷山先生、ありがとうございます。
7/1・2:「東海・近畿・理科の授業と認識研究会」を、奈良教育大学(職員会館)で
行ってました。
7/2、午後、「生駒へ行こう」と、生源寺さんと参りました。藤田はんも、
おってくださってうれしいです。

〇 谷山先生の軍国教育を受けられた子ども時代を復現させてくださったおはなしは・・・
先生が二度とくり返させたくない思いで語ってくださってる思いが伝わってきました。
私も、母がよく話していた「天皇の名前、教育勅語を覚えさせられたんよ」といっていた
ことを思い起こしながらききました。
「子どもを守る力を結集しましょう」の先生の最後のことばを胸に、戦争をしない国、
子どもたちを再び戦争にいかせないために、共にがんばりたいです。
3週間前に テレビでみたのですが・・・
日本の四ヶ所で、自衛隊のテーマパークが完成し、子どもたちを戦争のシミュレーションで
体験させる、 
 そして自衛隊にあこがれを持つ子をねらっていることが放映されました。
恐ろしいことです。
国民が知らない内に、税金を使って・・・戦争する国への準備が進んでいます。

〇 以前にも、谷山先生のお話を文章で読ませていただきました。
15年戦争の時、まるまる学生だった先生が、
どれだけマインドコントロールを受け、大変な思いをしてきたかがわかり、
教育の大切さをしみじみと感じました。
憲法変えたらアカン! 教育基本法は生かし、発展させて!! 
これ以上、子どもたちを苦しめたらアカン!!
本当の愛国心を思う。自らの心からわいてくるような国づくりを、していかなければ。
そして、知らせていかなければと思いました。ありがとうございました。

〇 ご自分の経験からのお話、説得力がありました。先生のこれからの
 ご健康と御活躍をお祈りしています。
先生とこんな形で 又お会いすることができ、大変幸せに思っています。
私に今できることは何かしらと考えるきっかけにもなりました。ありがとうございました。

〇 谷山先生が心を傾けてこられた思いの強さが事実を挙げ、論理的に語られました。
しっかり聞きました。
歌詞の朗読なさるのでなく、歌われる、そこに先生の心に刻まれた 
その時、時の思いを感じとりました。何に情熱と命を燃やすべきか、教わりました。
ありがとうございました。
幕あけの合唱が、とてもよかったです。日々の思いを文化に高めるすばらしさ 拍手!


〇 当夜送られてきたメール
  本日は、谷山様の貴重な体験からうまれた講演をお聞きして、有難く思っています。
 先日、配布させていただきましたパンフレットに、谷山様からいただきました
資料、添付ファイルしております文章をそえて、あちこちに散っております仲間に
26部郵送させていただきました。
動きがとれない時も、多々ありますが、後悔だけはしたくありませんので
私の周りだけでもと思い、いただきました資料等送らせていただきました。
今後とも、宜しくお願い申し上げます。


〇 後日届けられた感想文
  谷山先生が準備された資料、先生のゆったりされた話し方、身ごなし、
会場内(教室中?)に目くばりされながら、易しい言葉で難しい内容をかんで
含めるように一人一人に話して下さった教育の憲法を「なるほど、なるぼど、
そうなんやぁ〜」・・・・。墨で塗りつぶされた教科書のイメージは有るものの、
やはり実物で見たのは初めてで、心に食い込むモノがありました。
先生と声を合わせて読んだ【教育基本法】、みんなで歌った【緑の山河】、
会場内(教室中?)が一つになって、表題からは想像もつかない楽しい学習をさせて
頂きました。
「畏れ多くも、の次に出てくる言葉・決まり文句は〜?」両足をピタッと揃えてその
しぐさを再現され・・・・生徒の代表(?)を前に立たせて(生徒に最敬礼をさせ、
手を丸めて口元を囲われラッパの音まで添えられた)熱演は会場内に笑いを誘いながら、
谷山先生の生徒にして頂いた充実した時間でした。
多分、どなたも「今日は来て良かったなぁ〜」と思われたことでしょう。
その日の一切合財をまるごと詰め込んで(谷山先生も?)全国津々浦々へ
【宅急便】でお届けしたい気分です。
こんな楽しい授業なら【教育・基本法】も【憲法】も、何方にも判って貰える・・・・
心からそう思いました。「すてきなお話を有り難うございました」
青山先生の締めくくりのご挨拶も、とぼけたような表情をされながら・・・・
高々と腕を上げられ手の指を曲げて
★児童は、人として尊ばれる。
★児童は、社会の一員として重んぜられる。
★児童は、よい環境のなかで育てられる。
そして【老人は・・・・】とつなげられたお話には思わず笑いを誘われ、
先生の声に唱和させられました。
青山先生のワサビの効かせ方に、生意気ですが、唸ってしまいました。
生駒には話術の達人がいっぱいいらっしゃるようで・・・・。
(当日は、お話を聴くのが精いっぱい・体力切れで感想がかけませんでした。)

  120人以上のご参加いただきありがとうございました。憲法九条の会・生駒から感想文を報告させて頂きます。'06/7/8


ホームトップへもどります