憲法九条の会・生駒

イラク支援ボランティア 高遠菜穂子講演会
(主催 生駒市平和委員会  後援 生駒市・生駒市教育委員会)
2005年3月27日(日) 12時開場 13時30分開演
参加費 無料 於 図書会館市民ホール

「命に国境はない」―イラク・ファルージャの真実―
西谷文和(1/23〜イラク訪問)特別報告
郡山総一郎・西谷文和 他、写真、パネル展併設

  300人以上のご参加いただきありがとうございました。平和委員会から感想文を報告させて頂きます。'05/5/11

一〇代から
広島の原爆ドームであったり、「はだしのゲン」何かの死体描写を思い出しました。最近では以前よりもイラク戦争関連のニュースは減っていて、私の気持ちとしては、現実味が薄れてしまっている部分がありました。しかし、今回の講演会・映像などを見て、今、この瞬間にもいろいろな戦争が起こり、死者が増えているんだという事に気付かされました。報道では「死者o万人」等と人数で示されるだけですが、その人数の分だけ人の人生があり、家族がいて、友人がいる。そういう普通の人たちの恐怖と怒りがぶつかり合ったものが戦争という悲劇をもたらしたのだと思います。そういった負の気持ちが一緒になって大きくなっても、幸福は生まれないということをイラクだけでなく、世界の人々が気付けたらいいなと思います。

自分がイラクについて全く知らなかった事に気付かされた。また、高遠さんのしていた事についてもよく分かり、これからもがんばってほしい。そして、自分も協力していきたいと思った。

二〇代から
 日常生活を送る中で、悩みも多くあり、怒りもあり、考えることもある。けれども、イラクで起こっている現状を少しでも知ったら、それはちっぽけなこと。じっとしていられない、まさにそんな思いでここにきました。この現実を少しでも見れたこと、よかったです。ありがとうございました。とにかく、今日を活かして、明日につなげるしかない。自分に何ができるか、考えて行動にうつすのみ。

 西谷さんと高遠さんの講演は、ともに映像とその豊富な説明で内容が濃いものであった。現場を知る数少ない方々の訴えと現地の映像は強く印象に残り、いろいろな事を考えさせられました。日頃我々が目にする報道の不公平さを改めて感じ、情報を鵜呑みにする恐ろしさとその影響力の大きさも考えさせられました。(N)
 
 イラクの市民の方が撮ったビデオには、戦争の真実がつまっていました。人を殺していいと思っている全員が間違っているという言葉には全く同感です。さらに言えば、そう思わせてしまう社会も間違っていると思います。日本はこの先どうなるのか、すごく心配です。今日の真実が日本全体に伝わることを願います。また私もその一役を担えればと思っています。

 内容は良かったのですが、高遠さんは早口ですね。もっとゆっくりお願いしたい。西谷文和さんの内容もとてもよかったです。またお二人に来てほしい。館内がさむかったです。
 世界では大変なことが起きていると思いました。私にも2人の子どもがいます。子どもはどこに居てもそのかわいらしさは同じだと思います。直視できませんでしたが、傷ついた子どもたちの姿に胸がつぶれそうでした。私の夫は自衛官で、今日の講演は聴いてくれませんでした。高遠さんの話なんか聴きたくもないという言葉を言いました。思想というものは大切だと思います。彼にも伝えていきたいです。世界から早く軍隊も戦争もなくすような流れにそって生きたいと思いました。今日はありがとうございました。

 とても貴重なお話でした。一番印象に残ったのは、報復は負の連鎖でしかないという事です。辛い経験をした人々が、暴力に向かわないように、学校を作る取り組みを進めているというのはとても素晴らしいことだと思います。香田さんの事件の時に何もできなかったことを今でも悔しく思っていますが、こういったイラクの現実をたくさんの人に知らせ、日本が戦争にどう加担しているのかを学ぶことが私にできることだと思います。      高遠さんはこんなすごい活動をしているのだから謝る必要はないのになーと思いました。(K)

 報道とイラクで起きている現実とのギャップの数々に大変な驚きを感じました。西谷さんの報告も含め、マスコミが取り上げなければならない、広くこの真実を社会に知らせなければならないと思いました。

 こんな映像は始めてみました。事実を知らない恐ろしさと事実を知る怖さがわかった。何もしていない事が恥ずかしく思った。マスコミでもぜんぜん報道されないのがくやしい。また今日から、自分のできる事からはじめていきたい。

三〇代から 
大変すばらしいお話を聞かせてもらいました。高遠さんのお人柄と使命感の高さがよく伝わってきました。私は教師をしておりますが、今の日本の中で「平和」というものが空虚なものになっていること{「平和のために戦争をする」というような使われ方}を感じます。今こそ平和教育が求められている時代だと思います。質の高い、アクションにつながる平和教育をしていきたいと思っています。

本当の事を知る事ができてよかったです。どこか他人事だった自分が恥ずかしいと思いました。高遠さんが無事解放された時の喜びがわすれられなくって今日はきました。お会いできて嬉しいです。

「何となく過ごしているだけで戦争に加担している」という言葉が「ずん」ときました。私と高遠さんは1歳しか違いませんが、私の方は、自身の日々の生活を過ごすのに精一杯で、テレビのニュースすら見る事もほとんどありません。今日はまもなく4歳になる子どもを連れて来ましたが、子どもなりに「どうして大人はそんなバクダンなんて作るの?大人がそんなん作るからアカンねや」ともっともな事を言いました。そうですね、大人がこの子どもたちの命をうばうことを何故するのでしょう。この子たちの未来のためにも私にできる事、勉強する事も含め何か考え行動しないといけませんね。ありがとうございました。

四〇代から
米軍の暴行を許さない。各国は軍隊を派遣するのではなく事実を知りイラク国民を守ると共に、国際的な平和に向けて取り組むべきだ。

本当に貴重な映像をありがとうございました。一人の人間が最終的に願う事は「生きたい」「食べたい」「家族と共に平穏に暮らしたい」なのでしょう。そこから離れず活動を続けてらっしゃる様子で、同じ人として痛みを感じ、それだけで動いてらっしゃるのかと思いました。平和であること、平安であること、それらがどんなにありがたいことかを改めて思いました。
「日本にも不幸な人はいるのに」という批判を受けるかもしれませんが、上記のことを考えると不幸のレベルが違います。   どうぞ、生身の自分の体も大切にお過ごしください。
(高遠さんへの気持ちで、書きました)

もっと片寄らない情報、日本でも片寄っている。

遠くからありがとうございました。日常見る事のない貴重な命がけのビデオ、しっかり心に焼き付けておきたいと思います。子どもにはどうかなと思いながら、やはり真実のまま見せた方がいいと思い、見せておきました。これから平和のために何ができるのか、何をしなくてはいけないのか皆で考え何か行動していきたいと思います。現地で活動されている皆様にはくれぐれもお体を大切にしていただきたいです。最後に高遠さん、あなたは何も悪い事などしていない。あやまらないでください。何もしていない自分が恥ずかしくなります。子どもから「あなたの勇気がすごい」です。p.s.これらのビデオ、テレビ各局で協定でも結んで一斉に放映すれば、國も圧力をかけられないのではと思いました。

高遠さんの事実をとにかく少しでも多く正確に語ろうという姿勢に感動しました。事件当時の思いなど自分の事で言いたいことは山ほどあるでしょうに。世の中の現実と真正面に向き合って行動していくという生き方がよくわかりました。

高遠さんの力強いメッセージに今のイラクを見る事ができ、今日参加して本当に良かったと思います。子ども二人を連れて参加すべきかとても迷っておりましたが、自分自身の気休めなのかも知れないと思いましたが、子どもにも感じてほしいと思い参加いたしました。小さな力が大きな変化をもたらす事を信じております。

イラクの現状、そして極めて衝撃的な映像、私たちの知らない事があまりに多く、驚くばかりでした。貴重なお話と映像どうもありがとうございました。

五〇代から
高遠さんが命をかけて、イラクの人々の命を守るために全力を尽くしておられる姿は感動しました。これからも子のような報道を多くの人々にしてください。高遠さんの戦争と平和の本を読んでよりイラクの状況を理解したいと思っています。早くイラク戦争が終わり平和になるように願っています。

今憲法9条をなくそうとしている。署名に地域に入ってもよくわからないとか時の流れだからと言って拒否する人が多いが、日本が憲法を変えれば今日見たイラクのようになる可能性がある。多くの人にこの事実を知ってもらう必要があるし、メデアの責任も重い。

今まで日本のテレビ等の報道でしか知らなかった実情が正確に伝えて頂き日本の戦時中でもそうだったように以下に実情が曲げられて伝えられているか知りました。自分の危険もかえりみず活動された高遠さんの行動に頭が下がりました。今後ご自身大切にして活動よろしくお願いします。 
直視できない死体、イラクの現実!でもしっかりと見なければ、高遠さんありがとうございました。あまりにもひどい米のやり方、でも、それが武力の連鎖にならず「平和の力」学校再建、愛の力で、「鎖」をたつ、やり方に、高遠さんの心の強さを感じました。

何とも言えないショックなビデオでしたが、この現実をしっかりと受け止めなくてはならないと思いました。

貴重な話ありがとうございました。自分で判断できる力を持っていたいものです。高遠さん ありがとう。企画された皆様ありがとう。

想像はしておりましたが、とてもショックです。アメリカの友人にも伝えようと思っています。報道はアメリカサイドでは、全然違ったものになっています。リパブリカシはブッシュを信じています。

いかに真実が報道されていないかを感じました。今のマスコミのあり方(米軍の発表のみを報道)それらの報道のみを信じるように仕向けられる怖さを感じます。また引き続き今回のような講演会開催を期待します。

ニュースで伝えられないファルージャの状況に目を覆いたくなりました。しっかりと事実を見て、声をあげ伝え合っていくことの大切さを学びました。ありがとうございました。

高遠さんのお元気な姿とお話を聞くことができましてありがとうございました。

真実を知る事の大切さをあらためて確認できました。イラク戦争の真実を伝えて世界に本当の平和を求めていきたい。何から始めるのか、日本の政治を変えていく事が、私たち日本人としてやるべき事ではないか。憲法9条を守り、自衛隊を一日も早く撤退させるようがんばりたいと思います。今日は講演を開催して頂きありがとうございました。

映像はショックでした。民間人が無差別に殺されているのは本当に許せません。マスメデアが機能しないのは、腹が立ちますが、私たちは、真実を知らされていないと思っています。何も知らずにイラクの自衛隊派兵を良しとする人々が多くいる事も残念です。真実を知らせる、そして日本はアメリカのいいなりならない、そんな日本を早く実現したいですね。

イラク戦争の現実をもっと知りたい。

今、自衛隊がイラクに派兵されていることなど、テレビや新聞などマスコミで報道されていないので、忘れ去られようとしています。私は華氏9.11を見ました。あの時の映像をよく覚えていますが、今日の話や映像を見て悲惨な状況と目をそむける所もありました。やはり多くの人にこの状況を知らせていきたいと思います。また、憲法9条の改悪は絶対に止めるべきと行動を起こしていきたい。

テレビ等の報道では知らされていない生々しい話に感動をしました。今まで興味本位だけでいたのが恥ずかしい思いです。これからも体に気をつけてがんばってください。今日聞いた現実をどれだけの人々に伝えられるかわかりませんが、私も一人でも多くの人に伝えて現実を知ってもらいたいと思います。

報道されない真実を知り言葉もありません。日本人はもっとこの事に目を向けるべきです。これからもがんばって伝えていただきたいと思います。そして、今後もイラクの平和、世界の平和のための活動がんばってください。被爆六〇年を機に国際平和が前進する事を祈ります。

私は職場で知りました。平和憲法9条を守っていかなくてはと改めて思いました。
六〇代から
イラクの生々しい現実がよくわかりました。テレビ報道されていないDVDをもっと広く日本中の人に見てもらいたいと思います。

命の大切さ、一日も早く戦争が終わってほしい。子どもたちの未来に希望が与えられるように、日本国民は現実を受け止め、行動しよう!人道支援しよう!

イラクで起こっている事、本当の事がよく分かりました。日本の普通のマスコミでは絶対に知る事ができない事です。平和を、9条を守るために努めたいと思います。

今後のために苦言を呈します。(講演会の主人公は誰ですか?)
高遠さんの目の前でカメラを取っていたが、大変目ざわりであった。もっと対応を考えるべきです。(気になって話は半分しか聞けなかった)
平和委員会の挨拶が長すぎて西谷さんの話が中途半端になってしまったのは残念である。(挨拶は短く)
空調が悪く寒かった。
講演の準備が悪い。(例えば高遠さんがマイクをセットするのに時間がかかりすぎた。)


あまりのむごい死体、見ていられない。もっともっと多く人
にこの状況を伝えたい。

 イラクの実態お話いただきありがとうございました。何にも えない気持ちになりました。一日も早く平和が訪れますよう祈らずにいられません。

 映像を見ながらのお話、息つくひまもないまま迫力ある一時間三〇分余り、見聞きってしまいました。悲惨な戦争、一般市民を巻き込んだアメリカの兵士の間違い(誤算)、日本も考えなくてはいけません。辞めさすべきです。

 イラクの人々の結婚式の時の祝砲が災いの元だったと聞きましたが、こんな状況の時、習慣とはいえデレカシーの無さを残念に思います。それは我々もアメリカ側にもあることなのですが、

 アメリカの全世界における犯罪者的存在、今さらながら怒りの声をあげることの重大さを感じました。と同時に、日本の進むべき道をゆがめている為政者への怒りも・・・。映像はほとんど見る事はできませんでした。個人でイラクへ入っていった人々の勇気と情熱に感動しました。

がとうございました。とてもがんばっておられる事に敬意を表します。私のようなものが何ができるかやっぱり考えます。知ることが始まりと思います。若い女性の方や若者たちがもっともっと平和について考えないといけないなあ。どうしたらいいか考えます。

1・ ファルージャのひどさがよく分かった。
2・ 高遠さんがご自身がなさった支援活動を紹介してほし
かった。

  
世界で起きている戦争を指をくわえて見ている状態というのは、とてもよく分かる心境です。私にも何かできることはないかと、無力感におそわれたり、焦燥感をいだいたりしていますが、平和な世界を少しでも実現できるよう努力していきたいと思います。現実を知らせていただき今日はどうもありがとうございました。

言葉で批判しても何ら行動をしていない自分を恥じ深く反省させられました。元教師として何かできる事がないかストリートチルドレンの悲しい目・・・・責任を感じます。

生き生きと元気にイラクの今を語って頂き若い女性が日本代表としてイラクに平和をと、一生懸命な姿・本当に頭が下がる思いです。時には我が子のような年代また親御さんの立場にも成りながらのことでした。国際人として堂々と年配者の前での講演本当に頭が下がりました。平和ボケしている私たち、微力ながら9条を守り戦争を知らない人達に少しでも関心を持つことの大切さを伝えたいと思います。

貴重な講演で私たちの知らなかった事を教えてくださり(話してくださり) こういう状況の分からない人達に話してあげたいと思います。勇気ある行動に賛同します。

想像をはるかに越えたイラクの状態にびっくりでした。今日は高遠さんをはじめ貴重なお話を聞かせていただけたこと大変ありがたかったです。大変な思いをしながら、イラク支援されている事に励まされました。今後ともお体に気をつけて皆さんに伝えてくださるようお願いします。私も少しずつ働きかけていきたいと思います。
大きなメデアでは言われていない事実を知ることができ、ショックを受けた。これからも本当のことを知って行動したい。

高遠さんの元気な講演と昨年のファルージャの映像などに勇気付けられました。そのような話を広めるために自分でできることをしてゆきたいと思います。

あってはならないことがファルージャで、
アメリカ民主主義という名のイラク侵略、
世界制覇をめざすアメリカに鉄槌を、
日本の警察もビラ配布する人を逮捕する、
いよいよ正念場だ、
感情が沈んで、ほとんど感想らしいものを書ける状況ではありません。

お話感銘を受けました。私達が知らないことを映像で見せて
いただき、真実は何かを知ろうとする態度を強くすべきだと新たにしています。高遠さんの再起を心から嬉しく思っています。   元気になってくださってよかったです。何よりイラクの友人や子ども達がナオコの復活を喜んでいることでしょう。知りたかったイラクの現状をお聞きできて本当に良かったです。今日聞いたお話は一人でも多くの友人たちに語ります。これが私にできる事。一日も早くイラクに平和が実現できるよう共にがんばりたいです。応援します。

 イラクについて新聞・テレビでニュースがある中で、西谷さん、高遠さんに見せていただいた映像は、はじめてのもので驚きました。ぜひ多くの人に見ていただきたい( 聞いていただきたい )と思います。

 本当にありがとうございました。何で今もこんな事がと本当に許せません。生々しい映像がTVだけからのものと違って私の心に迫ります。わずかですがカンパします。イラクの子ども達のために使ってください。

戦争とはなにかを教えられた。高遠さんの活動がよくわかり心から感銘しました。どうぞ、これからも元気で活動してください。

生々しい映像はすごい迫力を持ち私を撃った。やはり「9条」の存在がゆらぎつつある日本の現在、もっともっと真実を知る努力をしたいと思った。マスコミもなんと頼りのならないものか微力でも戦争を防ぐための努力をしたい。

闘う人の迫力はすごい。とても分かりやすい語りで聞きやすかった。フャルージャの実態、ありがとうございました。写真で見た高遠さんとのイメージがぐんと違って、本当に参加してよかったです。

1.高遠さんが提供された映像の死体にウジがわいているのを見ながら、広島の被爆者の人達がその傷にウジがわいたのを、家族がピンセットでいっぴきいっぴき取ったと言う話を思い出し、日本での戦争被害ももっともっと伝えなければと思う。
2.歩兵がイラク人(ファルージャの民衆)へ銃を持ち戸を蹴ってなだれこむ姿に私自身が一九四五年私にソ連兵が略奪に入ってくる姿が重なり、体が になる の恐ろしさが戻った。またトラックに  の人があふれるほど乗って避難する姿に38度線に向けて、トラックにぎゅうぎゅうづめで脱出のために走った夜を思い出しました。 
3.語り伝え新憲法は戦争の反省の上にできたことをしっかり子孫の世代に伝えなければと思う。今日はありがとうございました。
七〇代から
 イラク戦争の実態よく解かりました。知らされていないことも多くあるとも思いました。今後も「報告」がんばって続けていただきたい。実態を知らせて「戦争のない世界」を早くつくりたい。(元軍人の一人)

 「イラク戦争」とは、一体なんだったのか。その本質が良くわかるお話でした。特にイラク人自身が撮影した映像の持つ迫力に圧倒されました。マスメデアの腰が引けている状況の元で真実を広げていく事の重要さをあらためて  しました。「暴力」に訴えるのでなく「平和を」という訴え、心にしみました。

 思っていた事よりも、惨ましいお話と映像でした。この現状に安易に賛成している日本政府、小泉首相に腹の底から怒りがわきます。ブッシュは裁判で死刑に値する犯罪だ!

知らないことをたくさん知りました。第二次大戦も少しは知っていましたが、戦争とはこんなに残虐なものなのかと思いました。
日本が戦争に参加しない國にしなければ・・・
憲法9条は絶対に守らなければと思いました。

何とも言葉がありません。私は何も知らない、どうしてよいのか判らない思いです。高遠さんの人間性に感じるばかりです。本日はありがとうございました。

本当のことを教えていただきありがとうございます。

今日は貴重なお話をあの大変な事に合われた高遠さんに色々お聞きしてよかったです。以後心して生きていきます。

一般報道にはでない映像をたくさん見せられ、今さらのようにイラクの惨状を知りました。もう戦争はたくさんです。

お話と映像。とにかく息を呑む思い。言葉も出ない。何とかこの戦争を止めさせられないものか。こんな事を続けていけば、人類は滅亡しかないのではないかと思ってしまう。人間の浅知恵がやりきれない。
八〇代から
 日本は立派な憲法が有りますのになぜ改悪を考えるのでしょうか。日本に生まれた事を嬉しく感謝いたします。なぜアメリカの言いなりになるのでしょうか。正しいことは絶対守り通す強い意志を期待いたします。



ホームトップへもどります


Counter